> > > 柳井正の名言【人生編】
トレンドニュース

トレンドニュース

柳井正の名言【人生編】

日本を代表する経営者の1人である、『ユニクロ』や『GU』で知られるファーストリテイリングの代表取締役会長兼社長である、柳井正氏。

今回は、山口県の地方の小さな商店街で生まれ、のちに世界をフィールドに戦うまでになった柳井氏の、人生についての名言をまとめました。

その力強い言葉の数々から、明日への希望が湧いてくること間違いありません。

柳井正とは?

img3eb1b51bzik2zj

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/hzf00273/diary/20090927/

1949年2月に山口県宇部市で生まれた柳井正氏。

実家は洋服店と土建業を兼営していた自営業をしていました。小さい頃は商売にまったく興味はなかったようですが、親の影響もあり自然と商いの感覚は身に付いていたそうです。

彼は地元の宇部高校を卒業後、早稲田大学政治経済学部に入学しました。しかし、当時は学園紛争の真っただ中で、学生運動の活動家が溢れかえっていました。その様子に呆れ、無気力な学生だったという彼は、麻雀・パチンコ・寝るを繰り返し、もちろん商売なんてさらさら興味もありませんでした。

就職についてもまったく考えていなかった柳井氏は、大学卒業後、父の勧めでジャスコに入社。そこには熱心な社員が大勢いましたが、彼自身が仕事に興味を持てずに辞める決断をします。

その後、父がやっていた紳士服専門店で手伝いを始めました。しかしその中で、ジャスコにいた時とはあまりにもかけ離れた現実を目の当たりにします。仕事の効率も悪い、従業員も真面目に働いていない。そんな店の様子を変えるべく、彼は立ち上がり父の会社を継ぐことになります。

これが、現在のファーストリテイリングの始まりでした。

柳井正の名言【人生編】

SONY DSC

出典:http://healthstartsinthemind.com/2013/11/

”真っ当に生きれば、怖いものはない”

 

”自分はこれをやりたいと心底思わないといけない。
人の意見でやっていては駄目です”

 

自分が自分に対しての最大の批判者です”

 

自分に嘘をつくことなく、自分を信じて進んでいけば、何も怖いものはありません。

あなたは今、自分の意思でやりたいことができていますか?

一度立ち止まり、自分に正直になってみてください。

business-people-boxing-fighting-hplead

出典:http://innovationpov.com/products-fighting/

”行動してみる前に考えても無駄です。行動して修正すればいい。
致命的にならない限り失敗してもいい。やってみないとわからない”

 

”「燃える闘魂」を持っていれば人生はがらりと変わる。
希望を持つことで人生の回転が変わり、いい方向に進んでいく”

 

”失敗を恐れてはいけない。失敗にこそ成功の芽は潜んでいる。
人生でいちばん悔いが残るのは挑戦しなかったことです。
新しい可能性に挑んで、失敗したことではありません。泳げない者は溺れればよい。
最初からできる人は少数派で、『できる』と言われる人の多くは、できる人に自らを変えていったんだと思います。
ただし、その必然性は人それぞれ違うので自分で発見するしかない”

 

これまで幾度となく挑戦を続けてきた柳井氏だからこそ、この言葉は重みを持ちます。

「できる人」「できない人」を分けるものは、自分を律する力なのです。

起業家の方のお話を伺っていると、よく「やってみないとわからなかった」という言葉が出てきます。

やってみて初めて見ることができる景色が、そこにはあります。

 

images-4

出典:http://www.houzz.jp/photos/607457

”いまの若い人は豊かになったからか、他人に学ぶ心がないし、物事を多面的に見る力が欠けているように思います。
モノの見方が教科書的だし、常識的なところも気になります。
若い人にはもっと日本の先人たちに学んでほしいと思います”

 

大事なのは、学び、行動に移すことです。

昔はマニュアルなどというものは存在せず、すべてのことが手探りでした。

しかし、今の世の中ではそのようなことは少なくなっています。

そんな今だからこそ、日本の先人に学ぶことで、その考え方やものの見方を次に生かしていくべきだと柳井氏は言います。

 

tumblr_npaaqzGNay1rz1st5o1_1280

 出典:http://www.hdwallpapers.in/shining_sky-wallpapers.html

”自分には必ずいいところがあると信じて、どんな境遇でもやっていくことが大切です”

 

”若い人は、もっと自分自身に期待していいんですよ。
遠慮しないで自分に期待して、世の中を渡っていってほしい”

 

”若い人は残り時間がたくさんあると錯覚しているけど、いつ死ぬかはわからない。
明日死ぬかもしれない。
それなら今日が最後の日だと思って、行動するべきです”

 

”人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい”

 

人生は1度きり、いつ死ぬかもわからない。

もしも今人生が終わってしまったら、後悔することはないでしょうか。

どうしても私たちは、自分の悪いところばかりに目がいってしまったり、必要以上に自分に自信がなかったりすることがあります。

ですが、誰にでもいいところはあります。わからなければ、周りの人に聞いてみると、必ず答えてくれるはずです。

柳井氏の言葉にあるように、生きてきた年月の長さや経験などにとらわれず、自分に自信を持って明日からの1日1日を過ごしていきましょう。

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」