> > > VRIO分析とは?マーケティング基礎用語を抑えよう
トレンドニュース

トレンドニュース

VRIO分析とは?マーケティング基礎用語を抑えよう

ある日上司がこんな一言

young-man-walking-in-conrete-underground-walkway-picjumbo-com

出典:www.photo-ac.com

とある日上司から

「君、我が社の自社分析をVRIO分析を使ってやってみてくれ」

と、資料作成を頼まれました。

快く引き受けたものの、引っかかるワードが。

VRIO分析?

VRIO分析とは一体何なのでしょうか。

今回の記事では、企業分析のフレームワークVRIO分析についての解説していきます。

VRIO分析とは

 VRIO分析.001

起業tv編集部作成

VRIO分析とは、企業の経営資源を分析するためのフレームワークで、

Value(経済価値)

Rareness(希少性)

Imitability(模倣困難性)

Organization(組織)

4つの要素に分類される頭文字を取ったものです。企業の経営資源の分析により、自社の競合優位性を見出すことが目的となります。

ここでいう「経営資源」とは、企業の内部にある資源のことを指し、一般的に「物的資本」「人的資本」「財務資本」「組織資本」の4つです。では、4つの要素についてもう少し見ていきましょう。

Value(経済価値)

VRIO分析.003

起業tv編集部

企業の経営資源が経済的な価値があるものとして顧客にみなされているかどうかを検討します。経営資源に経済価値がないは、競争において劣位に立つこととなるでしょう。

Rareness(希少性)

VRIO分析.004

起業tv編集部

企業の経営資源が市場において希少性の高いものであるかどうかを検討します。例えば、再生可能エネルギーの独自な自社技術や生産技術などが挙げられるでしょう。

Imitability(模倣困難性)

VRIO分析.005

起業tv編集部

企業の経営資源の模倣の難易度を検討します。真似されにくいほど市場での差別化要因として大きく働くことなります。

先ほどの例で言うと、再生可能エネルギーの独自技術を他者が獲得、導入しようとした場合のコストが高ければ高いほど模倣困難性が高くなり、競争力が増すということになります。

Organization(組織)

VRIO分析.006

起業tv編集部

そして最後に組織を検討します。自社の経営資源を活用するための、組織構築、方針、意思決定の速さ、柔軟性等が整っているのか、備わっているのかが検討内容です。

4つの要素について理解していただけたでしょうか。次に実際にVRIO分析をする際のフレームワークを見ていきましょう。

VRIO分析の方法

 VRIO分析.002

起業tv編集部

VRIO分析は、先ほどの章で紹介した①Value(経済価値)、②Rareness(希少性)、③Imitability(模倣困難性)、④Organization(組織)の順で行います。要素ごとにその経営資源が会社内にあるのかないのかを判断していきます。

分析と結果の状態とまとめてみました。

VRIO.003

表からわかるように競合優位性を高く保つためには4つの要素を全て満たす経営資源の確保が必要となってきます。こちら起業tv編集部が作成したフォーマットです。ぜひ参考にしてみてください。

 VRIO.002

VRIO分析をして自社の競合優位性を確認しよう

いかがでしょうか。以上のことを踏まえて、資料作成に挑めば、上司から求められるレベルに達していけるのではないでしょうか。

VRIO分析をして自社の強みと弱みを明らかにし、適切な対処法を打つことができれば、市場でのシェア獲得は大きく見込めることでしょう。

(関連記事)

自社分析、顧客分析、競合分析のフレームワーク3Cについてはこちらから

補論:ベンチャー企業におけるVRIO分析

ここまでVRIO分析についてみてきましたが、ベンチャー企業におけるVRIO分析はどのようになるのでしょうか。果たして必要なものなのでしょうか。分析手法の種類によっては、ベンチャー企業では規模が小さくて分析の効果が少ないこともあります。

結論、VRIO分析はベンチャー企業でも使用可能で、効果的です。VRIO分析の4つの要素は、ベンチャー企業における競争優位性の全てと言っても過言ではないでしょう。

株式会社アントレプレナーファクトリー
SEO対策責任者

Seishin Miyaji

立命館大学経営学部4年。うどん県出身。父が店を経営していることもあり、起業に対する興味は人一倍強い。Atomの背景に執心している。白い。メガネ。

このオーサーに問い合わせする