皆さんも一度は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)に行かれたことがあるのではないでしょうか。
一度は低迷したUSJですが、今や売り上げはV字回復し、今秋をめどに東京証券取引所に再上場する予定であることが5月27日明らかになりました。
ハリーポッターや後ろ向きジェットコースター、数々の話題をさらい、東のTDL、西のUSJと称されるまでになった、現在のUSJビジネス成功の裏側に迫ります。

その前に、USJ人気アトラクションをご紹介

ハリーポッター
twwohp_mainpic
ハリーポッターの物語の世界を、圧倒的なスケールと徹底した細部へのこだわりで再現した壮大なエリア。
3Dライドアトラクションで冒険したり、ホグズミード村では、魔法界で人気のドリンク、バタービールも堪能できます。
 
ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~
hdr_mainpic
お気に入りのBGMを選びスタートすると、そこはハリウッドの上空。
重力からの解放がもたらしたハリウッドドリームが、今、あなたを駆け巡る。
後頭部から落ちる、究極スリル。大絶叫の後ろ向き『バックドロップ』コースター、発進。
 
ユニバーサル・クールジャパン
スクリーンショット 2015-05-29 10.29.13
脱『ハリウッド映画』を掲げ、日本が産み出した世界的なエンターテイメントブランドの世界観を圧倒的なスケールで現実のものへと再現しています。
世界でも絶大な人気を誇る日本の4大ブランドのイベントで、国内のみならず、海外からの集客を牽引しています。
 
引用:http://www.usj.co.jp

ビジネス分析

スクリーンショット 2015-05-29 10.32.13
 
出典:http://frequ2156.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
 
かつては『ハリウッド映画』一本路線であったUSJ。
オープン当時こそ1000万人という集客人数を達成していましたが、その後は800万人前後をキープし、オープン時の活気は失われていきました
 
しかし2011年度以降は徐々に集客数を伸ばし、2014年度には過去最高となる1270万人を達成しています。
この成功要因としてはいくつか考えられますが、一番の要因としては、マーケティングの成功が挙げられます。
というのも、ハリーポッターや、ユニバーサル・クールジャパンで再現されているエンターテイメントは、世界的に有名なものであり、日本でも圧倒的な人気を誇っています。そのため、質の高いエリアを作り上げれば、集客数の増加は当然のことです。
 
注目したいのは、資本金500億円のUSJが450億円もの額を投じ、新エリア、ハリーポッターをオープンさせたことです。
失敗すれば倒産の危機に陥るかもしれない経営状態の中で、的確に人々のニーズに応えたのは、経営陣のマーケティング力のたまものですね。
決して、偶然起こった魔法のような出来事ではありません。

まとめ

以上USJの成功要因をまとめてきましたが、文章では伝わらない部分も多々あるため、皆さんぜひ実際に足を運んでみてください。
きっとそこには、『世界最高を、お届けしたい。』というUSJのエンターテイメントサプライズが溢れているはずです。
 
その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

おすすめの記事