> > > 学生ベンチャーのUnimap、アカリクVALUATORから第三者割当増資を実施
資金調達ニュース

資金調達ニュース

学生ベンチャーのUnimap、アカリクVALUATORから第三者割当増資を実施

4月2日、「京大マップ」の開発・運営を行うUnimapは、学生スタートアップ支援を行うアカリクVALUATORから資金調達を実施したことを発表した。今回の資金調達により、システム開発やマーケティングの強化を行う予定。

Unimapは地図情報を利用した情報共有サービス「京大マップ」の開発・運営を行う。情報集約力や情報共有機能、学生目線の開発を強みとしている。本社は京都市北区にあり、代表取締役は京都大学工学部に在籍中の宮崎勇輔氏と森川慎太郎氏である。監査役はアカリクVALUATORの井上亮氏。

第三者割当増資を引き受けるアカリクVALUATORは大学生や大学院生が学業を続けながらサービス運営ができるようサポートしている。今回のように資金支援を行うこともあれば、人材採用の支援、オフィスやサーバーの提供、事業提携先の紹介なども行っている。さらに、過去には学生のためのアプリ開発コンテストを開催するなど、幅広く活動している。

近年「10代起業家」や「学生起業家」がメディアに露出する機会が増えてきた傾向にある。昨年、イギリスの17歳起業家がヤフーに事業を売却したことは記憶に新しい。今後も10代・20代の起業家が数多く生まれるのであろうか。動向に注目したい。

●Unimap /プレス・リリース

http://www.unimap.co.jp/2014/04/capital-increase/

<PR>5か月でPVが10倍に!『起業.tv』をさらにグロースさせるための学生インターン募集!