> > > 世界中の人が自分の部屋を写真で記録?Tunnelが2億円の資金調達を実施
資金調達ニュース

資金調達ニュース

世界中の人が自分の部屋を写真で記録?Tunnelが2億円の資金調達を実施

2015年11月13日、部屋の実例写真の共有サービス「RoomClip(ルームクリップ)」を運営するTunnel株式会社は、このたび、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合、フェムトグロースキャピタル投資事業有限責任組合から約2億円の資金調達を実施したことを発表した。調達した資金は、エンジニア、セールス、マーケティングなどの人員を強化に充てられる見込み。

資金調達の決め手とは

roomclip-logo

 

出典:http://www.tunn-el.com/2015/11/13/tunnel株式会社、約2億円の資金調達アイ・マーキュリ/

今回2億円の資金調達を実施したTunnel株式会社は、部屋の実例写真の共有サービス「RoomClip(ルームクリップ)」を運営している。

部屋は人の暮らしの中心であるにも関わらず、他の人の部屋のセンスやノウハウを知るときには、例えばファッション雑誌でモデルの部屋のインテリア特集が掲載されているというものはあるが、その他多く人々の部屋の中を知る機会はというものは非常に少なくなっている。

RoomClipはスマートフォンやタブレットの普及の波に乗り、「部屋の中に埋もれていた創造性を社会に解き放つことで、世界中の暮らしをよりクリエイティブに変える」ことを目的としている。

roomclip-of-12
出典:http://palette.blush.jp/self-reform/roomclip-of-12.jpg
現在、RoomClip上には100万枚以上の部屋の実例写真の投稿があり、月間100万人を超えるユーザーが1ヶ月に総計1.5億枚の写真を閲覧しており、RoomClipは、住宅・インテリア関連では国内最大のCGM(ユーザー生成メディア)となっている。

このサービスでは、他の人が実際に生活している部屋の写真を見ることができ、さらに自分だけのオリジナルインテリア写真集が作れたり、自分のこだわりを記録・共有できたり、写真に撮ったアイテムの情報を入力することで、その商品が実際に購入できるなどの機能を備えており、その楽しみ方は様々である。

contest_each_main

出典:https://roomclip.jp/contest/162

Tunnelが今回資金調達を実施できた決め手としては、国内最大のCGMとしてユーザーを伸ばし続けていることから、確実にニーズがある分野だということを体現していることが考えられる。

それにより、今後の成長の可能性を見越し、アイ・マーキュリーキャピタルとSMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合は今回の投資を決定したのではないだろうか。

Tunnelは、RoomClipの運営だけにとどまらず、そこから展開する範囲を広げ、他の企業との提携も行ってきた。

たとえばこれまで、イケア・ジャパン株式会社や株式会社ニトリ、株式会社カインズ、株式会社山善などの大手企業が、ブランディングやマーケティング、顧客獲得、売り場改善などでRoomClipを利用している。

具体的に、ニトリでは同社の製品を使った部屋作りの写真を投稿するキャンペーンを実施した。

51TLSiEOqBL._SX361_BO1,204,203,200_

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4594609260

また、100万枚以上の膨大な部屋の写真を活用し、テレビ局や雑誌等の各メディアへの写真提供やユーザー紹介などと連携を行なっており、RoomClipの書籍をこれまでに4冊発売している。

そこから毎月100人以上のユーザーをインテリア雑誌やテレビ局に紹介しているという。また、ネットメディアでRoomClipの写真を活用した記事は既に5000記事を超えている。

このように、「部屋の写真の共有」だけではなく、そこで蓄積されたデータを利用することで「部屋」や「家」に関する様々なサービスを展開し、より多くの企業と連携していくことが可能だと見越したのだろう。

 

今後は引き続き、住関連企業による利用の促進やテレビ局/雑誌/ネットメディアとの連携強化を行い、最新のテクノロジーを活用したプロダクトの拡充や、ユーザーコミュニティの活性化の活性化を視野に入れている。

”部屋の中を共有する”という新しいアイデアがこれから当たり前のこととなっていくかもしれないということは、非常に興味深いことである。

Tunnel株式会社概要

Tunnel株式会社は、スマートフォンアプリ及びウェブサイトでの「RoomClip(ルームクリップ)」の提供を行っている。

設立は2011年11月、本社は東京都文京区にあり、代表取締役社長は髙重正彦氏である。

 

Tunnel株式会社についての詳細はこちら

プレスリースはこちら

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

株式会社アントレプレナーファクトリー

Rina Takada

神戸大学経営学部卒業。SEOを中心に、メディアの改善に挑む。現在は東京に移り、LINE LIVEにおいて新たな挑戦を行う。

このオーサーに問い合わせする