> > > 学生起業のメリット・デメリットは?
資金調達ニュース

資金調達ニュース

学生起業のメリット・デメリットは?

営業や経営の経験や、資金の少ない学生が起業する前に知っておきたいのが、”経験者の声”です。

今回は、以前起業tvのインタビューで取り上げた学生起業家の声から、そのメリット・デメリットについてまとめています。

学生起業のデメリット

131202_MEDEX_DepressedMillenials.jpg.CROP.promo-mediumlarge

出典:http://www.slate.com/articles/health_and_science/medical_examiner/2013/

12/millennial_narcissism_helicopter_parents_are_college_students_bigger_problem.html

①経験不足による金銭・法的なリスク

社会人よりもさらにビジネス経験が不足しているため、注意していないと知らない間にトラブルに巻き込まれてしまう危険があります

そのような際にも、アドバイスしてもらえる先輩経営者がいれば、事前の準備や対応への負担や不安を軽減することができます。

 

②資金力や信用がない

また、会社に勤めてから起業をするのであれば、資金を貯めることも難しくはありませんが、学生時代に稼げるお金は限られています。

また、お金を借りるにしても「学生だから」ということで信用されず、金融機関の審査に落ちてしまうということもあるようです。

そういったときには、それほど資金を必要としない事業で起業するという手も一つの方法として考えられます。

 

③学業に支障が出る

アルバイトは時間を決めて働くことができますが、ビジネスを立ち上げるとなると当然軌道に乗せるためには時間を割かなければならず、場合によっては24時間体制ということもありえます。そうなった場合には学業がおろそかになることは不可避です。

大学を休学する学生起業家が多いのは、こういった時間の制約の問題を解決することができないからだと言えます。

しかし、こちらもうまくバランスを取れる事業を見つけて、まずはその事業で起業してみるという方法があります。

学生起業のメリット

stock-footage-footage-of-happy-student-working-with-laptop

出典:http://www.psychedconnections.com/gifted-testing

①失敗のリスクが少ない

年齢を重ね、すでに家庭を持っていたりする場合は、起業へのハードルは高いものに感じるかもしれません。しかし、学生で起業する場合は「失敗してもまた学生に戻ればいい」わけですので、最初のあらゆることに挑戦しやすいと言えます。

しかし、あまりこの意識が強すぎると、壁にぶつかった時すぐに諦めてしまったりする場合もありますので、注意が必要です。

 

②人に会いやすい

1度社会人になってしまうと、同じフィールドに立つものとして、ある程度構えの姿勢をとられてしまう場合があります。

しかし、「学生ならば会おう」という気になってくれる経営者も少なくありません。

この強みを生かして、先輩の起業家にアドバイスをもらうことができたり、サポートしてもらえることもあります。

 

③注目してもらいやすい

アメリカでは、学生時代に起こした事業で世界的に有名な大企業へと成長している企業が多くあります。

一方、日本でも成功者はいますが、それほど多くはありません。

そのため、まだ希少とも言える学生起業には注目が集まりやすいのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これらは、これまで起業tvで取材してきた学生起業家のリアルな声です。

失敗をなるべく避けてスムーズに事業を軌道に乗せるためにも、これから起業を考えている学生は、ぜひ参考にしてみてください。

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」