階層別研修とは


出典:https://www.photo-ac.com/

階層別研修とは、職位や人事評価における等級など組織上の階層ごとに、自分の階層にあった役割を遂行するために必要な能力」の習得や成長、各階層ごとに期待されている仕事」を理解し、マインドセットを再構築するための研修です。

各階層ごとに期待される仕事や役割を理解し実践することは企業の存続に必要不可欠なため、多くの企業が「階層別研修」を実施しています。

また経営者は、社員の職位ごとに教育を行うことによって企業としての体力・成長力が向上させていかなければなりません。

階層別研修の現状


出典:https://www.photo-ac.com/

先ほど、”多くの企業が”「階層別研修」を実施していると述べました。

それでは、一体どの程度の企業が「階層別研修」を行なっているのでしょうか。

HR総研が発行する年次報告書「HR総研 人事白書2015」によると、階層別研修を実践していると答えた企業は全体の83%となっております。

約3社に2社が階層別研修を行なっているようです

 

しかし、実施されている階層別研修を紐解いてみると、最多回答は「新入社員研修」(91%)、次に「新入社員フォロー研修」(68%)、「内定者フォロー研修」(58%)と続き、新人教育に重きが置かれていることがわかります。

現在の日本企業では、職位が上がれば上がるほど階層別研修の実施割合が低くなるという傾向にあるのです。

 

このように階層別研修は、新人の層に限って大半の企業が実施できていますが、職位が高い管理職層に対しては実施されている企業は少ないという現状があるのです。

 

階層別研修の必要性


出典:http://gahag.net/

階層別研修が新人中心となって実施されている現状において、階層別研修が本当の意味で実施できているという企業は割合としては低いとと考えられます。

しかし、管理職や中堅社員以上の層に対して、階層別研修を実施していくことは非常に重要です

企業間の競争が激化し、ガバナンスやコンプライアンスの強化求められる今の時代では、より社内階層の強化や組織の効率化などが必要になってきているからです。

管理職のコンプライアンスの欠如が問題となり業績が落ち込んだり、中堅社員のマネジメント力が不足し新人社員が成長する環境が作れなかったりと、職位が高い階層ほど研修が必要となってくるのです。

階層別研修を動画で行えるJEBoosterはこちらから

階層別研修のメリット・デメリット


出典:https://www.photo-ac.com/

階層別研修の具体的なメリット・デメリットとその対策をみていきましょう。

階層別研修のメリット①職位に合わせたマインドやスキルを学習できる

階層別研修の最大のメリットは、職位に合わせたマインドやスキルを学習できることです

また上位の階級になればなるほど、各々のマインドセットにズレが生じるので企業としてマインドの統一を図ることは大変効果的なものであると言えるでしょう。

 

階層別研修のメリット②自社の課題に合わせた研修を実施できる

階層別研修と一括りに言っても、その内容は様々です。

自社の課題に応じてより深い研修を行うことができるのも、階層別に分けているからこそなし得ることです。

 

階層別研修のデメリット①スケジュール調整が難しい

階層別研修のデメリットはスケジュール調整が難しいということです。

新人研修は一括で管理できますが、管理職や中堅社員となった場合どうでしょうか。

職位が上位の階層では、各々のスケジュールがあわず、共通の研修を実施することが遅れたり、実施できず流れてしまう可能性もあるでしょう。

 

(対策)動画ラーニングシステムの使用

対策の1つとして挙げられるのが、階層別研修を動画学習で実施するということです。

PC・スマートフォンがあれば、いつでもどこでも視聴することが可能ですのでスケジュール調整に追われることが無くなります。

また職位が高い層を、スケジュール管理をして一箇所に集めることは、社内コストが非常に高くなってしまいます。

動画ラーニングシステムを導入することで、社内の無駄なスケジュール調整を省き、より早く階層別研修を進めることができます。

階層別研修を動画で行えるJEBoosterはこちらから。

階層別研修のデメリット②費用がかなりかかる

研修1つとっても、会場を揃えたり各自の時間を調整したりとそこに継続的な費用がかかってきます。
研修1つの値段はそこまで高くなくても、総額で見るとかなり費用が高くなってしまうことが管理職層での実施率の低さに現れているのでしょう。

(対策)動画ラーニングシステムの使用

対策としては、こちらも動画ラーニングシステムを導入することにより、時間とコストを改善することができ効率的です。

階層別研修を動画で行えるJEBoosterはこちらから

階層別研修を取り入れ、タフな企業へ。


出典:https://www.photo-ac.com/

いかがでしょうか。

階層別研修を有効に活用すれば、企業全体の人材開発をすることができます。

またスケジュール調整が難しい上位層の研修に、動画を活用することは戦略の1つとして良いと考えられるでしょう。

【PR】充実の400動画で階層別教育「JEbooster」

「JEbooster」は、階層別研修を動画で実装するためにオススメな動画ラーニングシステムです。

階層別研修の一般社団法人日本能率協会と動画ラーニングの(株)アントレプレナーファクトリーが提供しています。

 

すでにシステム内に階層別研修が実施できる動画が400本入っており、さらに貴社の既存教材(PDF・動画等)をアップロードすることができます。

貴社における階層別研修を、動画で今すぐ手軽に実装することができ、価格も1ID月額1,000円〜と大変お求めやすい価格となっております。

階層別教育を動画で実施できていない、動画研修を実施していきたい、そんな企業様へ我々から階層別教育「JEbooster」をご提案します。


階層別研修を動画で行えるJEBoosterはこちらから

おすすめの記事