> > > パワーポイント、Keynoteを使って上手なプレゼン資料を作るコツ
トレンドニュース

トレンドニュース

パワーポイント、Keynoteを使って上手なプレゼン資料を作るコツ

プレゼンテーションをすることになったら、やはり、一味違う資料を作ってみたくなりますね。では、そのためにはどうすれば、いいんでしょうか。

パワーポイントの注意点

powerpoint

パワーポイントには、優れた画像の作成機能や、文字装飾機能、スライド機能があります。
それで、ついついそれらを活用したくなりますが、プレゼンの目的はあくまで聴き手に内容を伝えることにあるので、それを忘れずに常にシンプルに作成することを心がけましょう。

keynoteの注意点

keynote

keynoteには、アニメーションのエフェクトとフォントの美しさには定評があります。しかし、パワーポイントに比べると図形や文字装飾の機能が弱いという点があり、そのために、他のソフトも併用する場合があります。

共通の注意点

いずれにしても、プレゼンテーションというのは、そもそも、「商品の内容・メリット・今までとの違い」などを聴き手に伝えることが重要なので、プレゼン資料を作る際には、次のような事が大切になってきます。

・情報の重要度によって配置に気を付けること。

・色を多用せず、暖色系・寒色系でカラーを全体的に統一すること。

・テキストを少なくして重要な事柄をキーワード等で示し強調すること。

これらが、一味違う資料を作るコツになります。

まとめ

「パワーポイント」「keynote」のどちらを使うにしても、まず、プレゼンの内容をよく考えた上で、より効果的な機能を使って、より聴き手を惹きつけるプレゼン資料を作成してください。