> > > 東大発ベンチャー!グノシーってどんな会社?
トレンドニュース

トレンドニュース

東大発ベンチャー!グノシーってどんな会社?

ウルトラマンのCMでおなじみになったニュース配信アプリのグノシーですが、現在、700万ダウンロードを突破しています。

グノシーは新サービス「グノシープラットフォーム」を発表するなど、新しい動きも見せていて、今後の動きが注目されています。

今回は、グノシーのこれまでの軌跡や今後の展開について見ていきましょう。

当初は法人化の予定はなったサービス

グノシーは東京大学大学院で工学系の研究をしていた福島良典氏が同級生の3人とともに開発したニュース配信アプリです。

もともと法人化の予定はなく、そのまま就職を検討していた福島氏だがユーザー数が増えるにつれて起業のビジョンが明確になり創業に踏み切ったそうです。

新聞や雑誌に近いニュースアプリ

当初は「はてなブックマーク」のような、購読者の好みや嗜好を分析してニュースを届けてくれる機能をメインにスタートしたアプリです。ユーザー数が伸びるにつれ、朝刊や夕刊といった1日に同時配信するようなシステムが追加されました。

またスマートフォン向けにUI(ユーザーインターフェース)が改善され、一つの画面にカテゴリーが分類されるなど、新聞や雑誌に近い形式がとられるようになりました。

グノシーは海外進出も行っており、英語版のリリースなど、事業内容も多角化しています。主な収益は雑誌発行者などの広告主が、グノシーを媒介とする事で得られる広告収入です。

「3分間で旬のニュースがまとめ読みできる」

ニュースアプリには、相撲のCMや使いやすい画面でダウンロード数が伸びている「スマートニュース」、ローラを起用し、女性向けの雑誌のコンテンツを配信する「アンテナ」、経済に特化した「ニュースピックス」などが存在します。

他社と比較した際に、東大生が作成したアプリというブランド力があること、そして、「3分間で旬のニュースがまとめ読みできる」というキャッチフレーズで、ビジネスパーソンを中心に幅広い年代に支持されていることが特徴としてあげられるでしょう。

求められるのは、メディアへの交渉力や営業力

募集している職種としては、エンジニアから総合職まで幅広く募集しています。採用にも力を入れ、社員数も増え続けそうです。エンジニア職としては、Webエンジニア、iosエンジニア、Androidエンジニアなどがあり、サービスの企画から運用・設計などが中心となります。

総合職としては、事業拡大に向けたプロモーションプランナーやメディアリレーションといった職種があります。求められる能力としては、メディアへの交渉力や営業力が必要となってくるでしょう。

採用情報はコチラ

グノシーのプラットフォーム化へ

ユーザー数を5000万人に増やすといった大胆なプラットフォーム戦略などを提案し、グノシーのプラットフォーム化を目標にしているそうです。

グノシーのチャンネル上でユーザーが交流し、旅行の予約や商品の買い取りなどができるようになる事を目標にしているようなので、まだまだグノシーは発展途上といえるでしょう。興味がある方は、もっと調べてみてはどうでしょうか。