> > > 2014年上場、株式会社U-NEXT~USENの経験を新事業でフル活用
トレンドニュース

トレンドニュース

2014年上場、株式会社U-NEXT~USENの経験を新事業でフル活用

U-NEXTは日本最大級のビジネス・オンデマンド事業を展開している会社です。

代表の宇野 康秀氏は知っている方も多いのではないでしょうか。

2010年12月にUSEN社長を辞任した宇野康秀氏(現会長)が、USENで手がけていたU-NEXT事業や個人向け光回線の販売事業を譲り受け、会社分割により分離独立し、設立した会社です。

今回は2014年に上場したU-NEXTについてご紹介します。

コンテンツ配信とコミュニケーションネットワーク

U-NEXTは2つの事業を展開しています。

スクリーンショット (55)

(HPより引用)

①コンテンツプラットフォーム事業

「U-NEXT」のブランドで展開するデジタルコンテンツ配信サービスのコンテンツプラットフォーム事業です。定額見放題のビデオ・オン・デマンドサービスを提供し、月額料金を収受するモデルとなっています。旧作が中心の見放題に加え、都度課金で新作・準新作の配信も行っています。

②コミュニケーションネットワーク事業
「U-mobile」の名称で手掛けるMVNO(仮想移動体通信事業者)によるモバイル通信サービスを手掛けるコミュニケーションネットワーク事業です。2014年12月期第3四半期累計(1 ~ 9月)の売上高構成比は、コンテンツプラットフォーム事業が36.1%、コミュニケーションネットワーク事業が63.9%となっています。

もともと課金なしのビジネスモデルだった

コンテンツ配信では、マルチデバイスに対応し、最新作も含めて最大級の8万本のコンテンツ数を見放題の課金制度で提供しています。
もともと2005年に立ち上げた「GyaO」はPC向けの完全無料動画配信サービスで、課金なしの広告収入モデルでしたが、ユーザーが確保できたため、マネタイズ方法を転換したようです。

また、コミュニケーションネットワーク事業では、全国規模の代理店ネットワークを構築し、MVNO市場の拡大に対応してコンテンツ、固定回線、モバイルを一体提供するセットプランで参入しました。今後は格安スマホ市場でトップを目指し、手数料体系見直しによる収益構造を実現しようとしています。

まとめ

USEN時代から培ってきたコンテンツホルダー各社との関わりがあり、多彩なコンテンツと充実のラインナップが強みになっています。

育成に注力している宇野氏。事業戦略だけでなく、今後の組織戦略も注目ですね!

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」