> > > “知的ヘンタイ”を求めているとは?~インターネットにおける「ものづくり企業」:ドリコム
トレンドニュース

トレンドニュース

“知的ヘンタイ”を求めているとは?~インターネットにおける「ものづくり企業」:ドリコム

ドリコムは、ソーシャルゲーム事業と広告事業を展開している企業です。
今回はドリコムについて、少しご紹介します。

学生時代にコミュニティサイトを立ち上げ

現社長の内藤裕紀氏を中心に、同志社大学の学生4名が、学生向けのコミュニティサイトを立ち上げました。

そして、コミュニティサイト「マイプロフィール」を事業化するために、2001年に法人としてのドリコムが設立されました。

現在はソーシャルゲームが主力事業

ドリコムの創業事業はコミュニティサイト「マイプロフィール」ですが、その後、事業内容はブログ事業からソーシャルゲーム事業へと変遷しています。

技術革新や事業環境の変化に柔軟に対応

ドリコムの強みは、インターネット市場という技術革新のスピードが速い業界にあって、ビジネスポートフォリオの大胆な組み替えを実施してきたという点にあります。

ドリコムは主力事業だけでも2回変更しています。ほとんどのベンチャー企業では、創業経営者が創業事業に固執するあまり、技術革新や事業環境の変化に対応できず、業績が低迷していく傾向があります。

それに対して、ドリコムの内藤社長は、主力事業そのものを変更し、技術革新や事業環境の変化に対応してきました。

知的ヘンタイを求めています

ドリコムの採用では、毎年学生インターンを募集しています。2014年は9月上旬に学生インターンの募集を実施しました。

ドリコムは、知的ヘンタイを求めています。知的ヘンタイとは、自らの信念に基づいた意志のある選択ができる人であり、その選択に対して圧倒的な情熱を傾け、躊躇なく突き進む人材のことです。ドリコムは、そのような人材が、あたらしいビジネスを生み出すと期待しているのです。

ドリコムの主力ビジネスは、これからもソーシャルゲームです。しかし、ソーシャルゲームは当たり外れがあるビジネスですので、業績のボラティリティを低減する目的で、楽天と業務提携してソーシャルラーニング事業を開始します。

ドリコムでの学生インターンの魅力は、ドリコム社内でコミュニケーションサービスの企画・開発・リリースまでを体験できることによって、どのようにビジネスが展開されていくのか、あるいは会社という組織がどのように動いているのかを体験できることだと思います。

▼採用情報はコチラ

http://recruit.drecom.co.jp/

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

<PR>5か月でPVが10倍に!『起業.tv』をさらにグロースさせるための学生インターン募集!