> > > ベンチャーで就職するメリット・デメリットとは?
トレンドニュース

トレンドニュース

ベンチャーで就職するメリット・デメリットとは?

最近、ベンチャー企業をターゲットに就職活動をする学生が増えています。理由は、「就職氷河期で大手に就職するのが難しい」、「ベンチャー企業の方が就職しやすい(という印象を持っている)」、「大きな流れの小さな歯車の1つになりたくない」、「会社とともに成長して実力をつけたい」などがあるようです。

不況からの妥協的なマイナス思考であったり、世間の実力主義への傾きからのプラス思考であったり、理由はさまざまです。そこで、今回はベンチャーへ就職する際のメリット、デメリットについて考えていきたいと思います。

ベンチャーに就職するメリット!?

やりがいのある仕事がある!!

ベンチャーは起業したばかりで、社員が少ないことがほとんどです。そのため、役職や経営陣レベルの人間がやるような仕事を近くで見ることができたり、関わることができるかもしれません。具体的にいえば、その会社の今後の方針や新しい事業の企画などです。

自分に実力さえあれば、早い時期から大きな仕事を任せてもらえる可能性もあります。こういったことは、普通の会社で働いていればなかなか訪れない機会であり、ベンチャーのメリットと言えるでしょう。また、関わることができなくても、自分の考えた企画が決定権のある人間に伝えやすいこともメリットと言えます。

新技術、新システムに触れる機会

創業者が起業したからには、何か経営の戦略があってのことがほとんどだと思います。それぞれの会社が何を武器に戦っていくのかはさまざまですが、創業者が戦えると思った以上、それはまだ世の中では珍しく、新しい何かである可能性が高いです。そういったものに触れ、また挑戦していくための環境はベンチャーのメリットと言えるでしょう。

ベンチャーのデメリット

とにかく忙しい

先にも挙げたように、ベンチャーは社員が少ない上で事業に取り組んでいかなければなりません。やりがいのある仕事と、やらなければならない仕事があるにも関わらず、それを分業できるだけの人やお金の余裕はありません。そのため社員1人1人の仕事量はかなり増えるでしょう。その会社の仕事が好きな人でなければ続けるのは難しいかもしれません。

将来の不安

ベンチャーで働いていれば、会社を名乗ってもあまり信用はありません。同級生と比べて給料が少ないこともあるでしょう。「このままでは成長できないのではないか」、「会社が潰れてしまったらどうしよう」、という不安があることは否めません。将来の結婚や住まいなどにも大きな影響を与えかねないので、安定しないことは大きなデメリットと言えるでしょう。

ベンチャー企業への就職!!

ベンチャーのイメージとして、会社としても1人の社員としても「実力主義」であることが挙げられます。その「実力主義」であることが、自分の性格、才能、価値観などと照らし合わせ、メリットなのか、デメリットなのかをよく考える必要があると思います。

また、デメリットの「安定しない」というのは、肯定的に捉えると、「急成長する可能性を秘めている」と言い換えることができます。そういった意味で、一概にベンチャーが不安定ということはないことに注意してください。

何がメリット・デメリットになるかは人それぞれですので、まずは自分をよく知ることが大事なのではないかと思います。