> > > 大企業かベンチャーで迷っているあなたへ~それぞれの特徴を知ろう(ベンチャー編)
トレンドニュース

トレンドニュース

大企業かベンチャーで迷っているあなたへ~それぞれの特徴を知ろう(ベンチャー編)

今の時代、昔と違って大手の会社に就職したからと言ってずっと安定していられるわけではありません。

また、学歴重視で採用を決定してしまう企業も多いので、自分の実力を試してみたい人にしてみたら、大手は魅力がない会社にも見えてしまうでしょう。

そういった人に向いているのがベンチャーです。

ベンチャーは異端児を受け入れてくれる

ベンチャーに向いている人は、みんなと同じ行動を取るのが苦手な人、組織の輪の中に入るのが苦手な人なのかもしれません。

確かにみんなと同じことをするのがうまい人(大勢の意見に同調するだけ)であれば、新しいことにチャレンジして新しい発想は至ることは少ないかもしれません。

大手の会社、有名企業は人間関係や組織構造はちゃんと基盤ができていて、それらに馴染めない人は異端児だと思われてしまうようです。

たいていの人は馴染めないことで悩んでしまいますが、それを長所としてとらえてくれる会社もあり、それがベンチャーだと言えるでしょう。

ゼロから何かを作り出していく喜びを感じることができる

ベンチャーの魅力は何と言っても自分たちで多くのことを作り上げていくということです。ですから自由に行動できるのがいいです。

ですが、少人数でこなさなければいけない分、クレームも情報収集も事務作業も一人が抱えることが多くなるので、仕事は大変です。

プライベートも仕事もごっちゃになってしまうことが多いです。また、仕事内容の割に収入も少なく、忙しい時は収入かやりがいかでしばしば迷うこともあります。

実力があれば、大手ではありえない出世も

ベンチャーは一人一人の個性が強いことも多いので、意見があわないときは職場の空気が悪くなることもあります(人数が少ないため)。

一方で年功序列の大手企業ではありえないような出世もあり、自分の腕に自信がある人にとっては可能性を活かせ、仕事のやりがいを実感することができるでしょう。

まとめ

安定を最優先に考える人には向きませんが、先が見えない現代だからこそチャレンジしていくことも必要です。

「すでに組織ができている会社に魅力を感じない人」にとって、ベンチャーは理想的な会社なのかもしれません。ぜひ参考にしてください。

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」