オンライン電子マネー管理・送金システム"Circle"。ホームページには「どこからでも、一瞬で、無料で、安心で、使いやすくフレンドリーに」という紹介があります。
一般の銀行や他のITサービスで不満にあがる点をすべて解決する電子通貨サービスとして注目されています。
今回は、Circle創業者であるJeremy Alliare氏についてご紹介します。

ルームメートのおかげで、いち早くインターネットに触れる

Jeremy_Allaire
Alliare氏は1971年ペンシルベニア出身の実業家です。16才の時に兄であるJoseph氏とIT関連企業と立ち上げてからITの道で着々と成功を遂げています。
本人が初めてインターネットの世界に触れたのは1990年でした。まだまだ普及していなかった時代でしたが、ルームシェアをしていた友人がIT企業に勤めていたため、人よりも早く触れられる機会がありました。
そのような幸運から、Alliare氏は早くからインターネットの世界に魅了され、その後、数々の会社設立に関わります。
例えば、ウェブ・アプリケーション開発プラットフォームのパイオニアであるAllaire Corp。そして、世界初のウェブサイト、スマートフォン、タブレット、インターネットTV向け動画公開用プラットフォーム事業であるBrightcoveも彼が立ち上げた会社です。
その過程で、インターネットは単なる情報伝達ではなく、何かをやり取りするツールになるべき、というビジョンを持ち始めていたAlliare氏は、2008年のリーマンショックの時にその思いが新しい方向へと進んだのです。
それが金融システムの向上、そしてITを使ってどのようにできるかを考え始めたのです。Bitcoin(デジタルマネー)を発見したとき、今後素晴らしい機会になると確信しBitcoinをシンプルに、安全に、使いやすくするサービス、「Circle」を立ち上げました。

強い情熱とビジョン、そして自分が信じた道を信じているかどうかが最も大切

スクリーンショット (122)
電子通貨は、現在本人が最大に興味と情熱を持っているものだと言います。
"今楽しくて楽しくて仕方がないし、しばらくこれは続くだろう。初めてインターネットの世界に触れた時、世界が大きく変わるのを予測した。電子通貨もそのときと同じ感情を覚える"(Forbs紙記事抜粋)
そして起業を目指す人々へのアドバイスも実体験をもとにこのように語っています。
"強い情熱とビジョン、そして自分が信じた道を信じているかどうかが最も大切だと思う"(Forbs紙記事抜粋)
良いと思う機会に巡り会ったら、その機会の将来的なビジョン-数年後を見据えてどうなっているか、どう変わっているかのビジョンが見えるか、そしてウィークポイント、克服にどのくらい時間がかかるだろうか、などをきちんと考えること。
そして望みを高く持ってそれに向かって努力すること。起業家はみな何かに強い情熱をもち、その情熱が日々のやる気となり、問題が起きたときに解決策を見いだすエネルギーになるのだと言います。

知識習得のために猛勉強

最近読み終えた本は「銀行財務経営」だというAlliare氏。Circleが参入しているのは複雑なグローバル金融システム分野。自身がまだ新しく知識がないため猛勉強しているようです。
世界を変える情熱を複雑な金融分野に向ける Allaire氏とCircle。Allaire氏の情熱で、Circleは成長し、Bitcoinは今後、一般的に利用される電子通貨になっていくのかもしれません。
<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

おすすめの記事