6月8日、革新的な技術力でイノベーションを起こす企業のseven dreamers laboratories株式会社が、株式会社東京大学エッジキャピタル/UTEC、KISCO株式会社、全日空商事株式会社、株式会社四条、株式会社新生銀行他、数社から15.2億円の資金調達を実施したことを発表した。調達した資金は、各事業の販売及び開発強化に充てられる見込み。

ライターの視点

15.2億円という大きな資金調達に成功したseven dreamers laboratories株式会社。
同社が行っている、ヘルスケア商品の開発・販売やゴルフシャフトの完全オーダーメイド販売はそれぞれどのようなものか。
スクリーンショット 2015-06-10 14.33.03
出典:http://www.sevendreamers.com/about.html
 
ヘルスケア事業では、睡眠サポートを行うための「nastent(ナステント)」を販売している。
睡眠中のいびきや無呼吸の原因は気道閉塞だと言われているが、ナステント™は睡眠中の気道確保を目的として設計され、いびきや寝苦しさ、睡眠中の頻繁な覚醒でお悩みの方に新しい選択肢となっている。
スクリーンショット 2015-06-10 14.33.27
出典:http://www.sevendreamers.com/about.html
 
そして注目は、ゴルフシャフト(ゴルフクラブの柄)であり、最新鋭の宇宙衛星開発技術を生かした測定システムと設計技術を元して作られていることが注目されている理由である。
オーダーメイドの方法としては、「オートクチュールデザインシリーズ」「マトリクスデザインシリーズ」があり、前者はスイングを3Dで測定し、使用予定のヘッドデータと合わせてお客様のシャフトのしなり・ねじれを計測し、それぞれに合うシャフトを製造するというものである。
後者は、専用に開発されたiPadアプリにプレーヤーの特徴や希望する球筋などの情報を入力していくことによって、最適な1本をお客様に提案する。
 
今回の資金調達の決め手は、このnastentとゴルフシャフトが同時に注目を浴びたことが挙げられる。
nastentは、世界の医療機関に認められた実績と新商品の開発が評価され始め、また、ゴルフシャフトの事業展開が消費者に認知され始めたことにより、この2つの事業に注目が集まり今回のような高額の資金調達を行うことができたのだ。
 
今回の資金調達によって、さらに各事業を大きくしていくことができるだろう。
今後も要注目の企業である。

会社概要

seven dreamers laboratories株式会社は、新しい価値観を創出し、革新的な技術力でイノベーションを起こすことを目指している。第一の事業としていびきや無呼吸を防ぐ簡便で使い捨て可能な世界初の鼻腔挿入デバイスのナステントを販売(2014年7月販売開始)、第二の事業として最新鋭の宇宙衛星開発技術を生かした測定システムと設計技術を元に、完全オーダーメイドのゴルフシャフトを販売(2014年3月販売開始)している。
設立は2011年、本社は東京都港区にあり、代表取締役は阪根信一氏である。
 
出典:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000010622.html
   http://www.sevendreamers.com/about.html
 
seven dreamers laboratoriesについて詳しく知りたい方はこちら
プレスリリースはこちら

おすすめの記事