> > > 2014年12月上場、独自のエンジン「デクワス」でインターネット支援事業を行うサイジニアとは?
トレンドニュース

トレンドニュース

2014年12月上場、独自のエンジン「デクワス」でインターネット支援事業を行うサイジニアとは?

最近では、インターネットが発展したことで、ネット通販で欲しい商品を手にするのが当たり前の時代になっています。

でも、情報が大量に溢れているので検索するのにも一苦労。本当に欲しいものを探すのが大変です。

今回は、そんな悩みを解決してくれる、ユーザーが欲しい情報や商品を発見できるサービスを提供しているサイジニアについて、見ていきたいと思います!

ターゲット

電子商取引を行う事業者や小売業者がターゲットで、『デクワス』エンジンを利用してインターネット広告の支援を行っています。

特徴

スクリーンショット 2015-05-11 11.45.45

 

出典 http://www.scigineer.co.jp/service/

「デクワス」とは、人々が本当に求める情報(アイテムやサービス)と“出くわす”体験を提供するためのハブとして、サイジニアが独自の技術で開発した唯一無二のエンジンです。

この「デクワス」エンジンを基盤として、ユーザーに合ったオススメを提案できる「パーソナライズ・インターネットマーケティング支援事業」を展開しています。

 

また、「デクワス.RECO」という機能を持っています。

「デクワス.RECO」とは、「デクワス」エンジンによって解析した共通の趣味や嗜好性を持つ意外な仲間/コミュニティを導き出すことで、ユーザの潜在的な欲求にマッチしたおすすめアイテム・サービスを自社サイト内で表示します。

ユーザの嗜好に合っているにもかかわらず、実は本人に知られていなかったという情報(アイテム・サービス)をレコメンドすることで、ユーザーは思いがけない掘り出し物に「出くわす」体験に巡り会い、購買意欲を高めることができます。

まとめ

profile_image_circle_large

 

前期までサイジニアは、9,700万円の赤字決算でしたが、今年の6月期の決算ではパーソナライズレコメンドサービスや大手のアパレル企業との提携で、業績が上がり、8,700万円の黒字を予想しています。

サイジニアは、Webから収集されるビッグデータ解析に臨んでいます。

特に複雑系と呼ばれる学問分野の知見を活かして、対象を観察、モデルを検証しながら情報解析精度を向上させていきます。

解析結果はすぐに実サービスによって評価され、結果がリアルタイムにフィードバックされることで、継続的に性能が改善する仕組みです

 

代表の吉井氏がこう語るように、解析の速度を速めていくことによって、他社には真似することができない質の高いサービスを提供していくことが可能になります。

これからも多くの「出くわす」体験を生み出していってくれることに期待しましょう!

 

サイジニアについてはコチラ

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」