> > > スターバックスはなぜ選ばれ続けるのか!?スタバの空間戦略!
トレンドニュース

トレンドニュース

スターバックスはなぜ選ばれ続けるのか!?スタバの空間戦略!

スターバックスが提供するもの

スターバックスと言えば、コーヒー好きなら誰しもが利用したことがあるはずです。

若い女性の方の利用が多く、また、ビジネスパーソンがちょっとした打ち合わせを行ったりと、幅広いシーンで使用されています。

ただコーヒーを販売しているだけに感じますが、どのようにビジネスを成り立たせているのでしょうか。

この記事では、最初にスターバックスの歴史を追いかけ、次にスターバックスが顧客に選ばれ続けている理由をご紹介します。そして最後に、スターバックスのビジネスモデルを解説します。

スターバックスの誕生

スクリーンショット 2016-05-10 12.56.30

出典: www.starbucks.co.jp

スターバックスは1971年、シアトルに開業しました。当時のスターバックスは、ありふれたコーヒー店にすぎませんでした。
このスターバックスを現在の成功に導いたのは、ハワード・シュルツ氏です。

ハワード・シュルツ氏は創業者ではなく、1982年にスターバックスに入社しますが、1985年には一旦スターバックスを退社します。

退社後の1986年にはイル・ジョルナーレ社を設立し、エスプレッソをメニューに加え、持ち帰りも可能にしました。

そしてこれが瞬く間に世間に広がり、流行したのです。

その後1987年にスターバックスの店舗と商標を購入し、今や世界を代表するコーヒー店へと導きました。

スクリーンショット 2016-05-10 13.00.25

出典: o2o.abeja.asia

現在の成功に至った要因としては、一つには、初めてコーヒー店に禁煙を導入したことも関係しています。
以前のコーヒー店といえば、ビジネスマンをターゲットにしていたため、タバコを吸うということがある種の前提となっていました。

これを若い女性にターゲットを絞り、禁煙を導入したことで、多くの女性の方が利用するようになったのです。

本当にコーヒーを提供しているのか?

スクリーンショット 2016-05-10 12.55.15

出典: o2o.abeja.asia

スターバックスのメニューと言えば、コーヒーが中心で、他のメニューは軽食が少しある程度です。そのため、スターバックスはコーヒーを主に販売していることになります。

そのため、顧客はコーヒー代を毎回支払っているという風に見えますが、実際には違います。
顧客が購入しているものは、⑴コーヒー、⑵空間(スターバックスの雰囲気)、⑶ステータス、です。

これは一体どういうことでしょうか。

スターバックスの雰囲気は、とても落ち着いた雰囲気で、仕事や大学のレポートを作成するシーンで利用するのに適しています。非日常の空間が、多くの方の安らぎの場ともなっています。

また、スターバックスで自分が作業をしているという独特の優越感もあります。
特に、Macで作業をする人などはその典型でしょう。

こういった風に、その特別なスターバックスという空間を使用すること、これこそがスターバックスが提供する真のサービスです。

コーヒー代として400円などは高い部類に入ります。

しかし、期間限定の商品の積極的な投入や、素晴らしい場の空間の提供は、400円以上の価値を提供しているでしょう。

コーヒーで利益は出るのか!?

スクリーンショット 2016-05-10 13.05.00

出典: www.starbucks.co.jp

スターバックスの利益の発生源は、コーヒー代が主です。
コーヒーは一杯辺り、30円ほどの原価しかありません。

そのため、一杯コーヒーが売れるたびに、300円〜500円程度の利益(平均400円)がスターバックスに入ります。

ここで従業員1時間あたり、1000円の人件費がかかるします。そして、5名で10時間回すと計算した場合、5万円ほどの人件費が必要です。
そのため、5万円➗400円=125となりますが、125杯以上販売できて初めて利益が生まれます。

スターバックスに実際に入ってみると、どこのお店も多くの方が利用しています。

10時間営業していたとしても、1時間に12杯以上は販売されているはずです。そのため、125杯という数値はほぼ毎日確実に達成していることでしょう。

スクリーンショット 2016-05-10 13.03.28

出典: www.starbucks.co.jp

さらに、定期的な期間限定の商品の提供は、多くの方の再来店を誘います。

そして再来店によりスターバックスを利用すると、そこには非日常の空間が待ち受けております。

これにより、多くの方がスターバックスをもう一度利用したくなり、リピーターが増えていくのです。

特に、若い女性が利用しているのをみると、それを見た他の若い女性たちも、同じように利用したいという風になるのです。

客単価自体は少ないスターバックスですが、再来店を意識したシステムが、今の利益を生み出したいます。

スターバックスが提供する空間

スターバックスが選ばれ続ける理由をご紹介しましたが、いかがでしたか。
スターバックスは、今や世界を代表する一流企業です。
顧客から選ばれ続けているのは、常に非日常な素晴らしい空間や時間を提供するスターバックスだからでしょう。

みなさんのお気に入りのスターバックスのコーヒーは何ですか?

株式会社アントレプレナーファクトリー
起業tvチームリーダー

Masahiro Kawamura

京都大学 総合人間学部に在学し、大学では、女性のキャリア形成について学ぶ。卒業論文のテーマは、女性が働きやすい環境の総合的考察。また、現在起業tvチームでチームリーダーも務める。 2016年2月22日、合同会社limeを設立、代表社員に就任。

このオーサーに問い合わせする