> > > ユーザー行動動画でアプリの成長を支援するReproが資金調達~海外展開に向けマーケティング始動~
資金調達ニュース

資金調達ニュース

ユーザー行動動画でアプリの成長を支援するReproが資金調達~海外展開に向けマーケティング始動~

2015年4月22日、Repro株式会社は、株式会社DGインキュベーション、株式会社ブレインパッド、株式会社SHIFTの三社に対して、総額1億円の資金調達を実施した。ユーザーのアプリ使用状況を動画にて分析するツール、「Repro(リプロ)」を提供している。また同日、iOSアプリ向けの「Repro」正式版を提供開始するとともに、海外展開に向けたマーケティング活動を開始し、今回の資金はサービスの海外展開に充てられる見込み。

 

ライターの視点

Repro株式会社の提供する「Repro」は、タップされた位置や離脱した画面、そういったユーザーの行動を動画で取得し、アプリの改善に生かすことができるツールです。

スクリーンショット 2015-05-04 18.49.15

 

2014年7月にiOS向け「Repro」のベータ版(サンプル)を提供開始して以来、EC/フリマ、キュレーションメディア、ライトゲーム、SNS、業務系等を中心に様々なジャンルにおける数百のアプリで利用されています。

さらに、2015年に取得されたユーザー行動の動画数は既に2014年の4倍を超え、急速な成長を実現しています。

 

今回の資金調達の決め手は、従来のように、ユーザーのアプリ使用状況を数値として分析するだけでなく、動画を用いて視覚的にもユーザーのアプリ使用状況を確認できるようにしたことにあります。

スクリーンショット 2015-05-04 18.59.06

 

実際にアプリのユーザーの指の動きまで視覚的に分析できるので、アプリ製作者が自身の作成したアプリの改善をより直感的に行うことができるようになりました。

これにより、ユーザーにとって使いやすいアプリへと改善されていくことが見込めます。

 

この解析機能は、アプリ制作者にとっては必須といっても良い機能であると思います。

これから海外でも確実に拡大していくことでしょう。

しかし、競合他社も多いのは事実です。

そういった会社に負けないようにどういう方法をとっていくのか、要注目です。

会社概要

Repro株式会社は、「Repro」という、ユーザーがアプリを利用した際の操作状況を動画にて視覚的に解析する、アプリ開発者向けのツールを提供している。「Repro」を導入している主な企業としては、mixi、楽天、KDDIなどが挙げられる。

2014年4月設立、本社は東京都台東区にあり、代表取締役は平田祐介氏。

 

Repro株式会社についてはコチラ

プレスリリースはコチラ