> > > プロダクトライフサイクルとは?マーケティングの基礎用語を確認しよう
マーケティング

マーケティング

プロダクトライフサイクルとは?マーケティングの基礎用語を確認しよう

何事にも寿命はある

ed3c60a65ed606bdd6d368072e02b722_s

出典:www.photo-ac.com

人や動物、植物などの生き物に寿命があるように、企業の事業にも寿命があります。

例えば、ゲーム機。任天堂やSONYは一定期間で新しいハードウェアを販売します。ここにはゲーム機事業の寿命が考慮されており、それまでの事業で獲得したユーザーをいかに次の新ハードウェアに乗り換えさせるかが鍵となってきます。

このように製品・事業にも寿命があるという考え方をプロダクトライフサイクルと言います。

今回の記事では、プロダクトライフサイクルを構成する4つの期間とその限界について見ていきます。

 

プロダクトライフサイクルとは

プロダクトライフサイクル.001

起業tv編集部作成

プロダクトライフサイクルとは、製品が市場に登場し、受け入れられ、やがて衰弱し消えていくプロセスのことです。プロダクトライフサイクルには、①導入期②成長期③成熟期④衰退期の4つの時期が存在しており、それぞれの時期で適切な行動をとることが必要とされます。

 

①導入期

プロダクトライフサイクル.002

起業tv編集部作成

製品を市場に導入したばかりの時期です。この時期は売上、利益ともに低く、市場に受け入れられるための戦略が必要です。

 

②成長期

プロダクトライフサイクル.003

起業tv編集部作成

市場に受け入れられ、急速に売上が上昇する期間です。この時期なると競合他社が現れ始めます。

 

③成熟期

プロダクトライフサイクル.004

起業tv編集部作成

売上の伸びが緩やかになり、利益がピークに達する時期です。他社との差別化が必要となり、広告等のマーケティング手法を用いて製品の成熟期の延命をはかります。

 

④衰退期

プロダクトライフサイクル.005

起業tv編集部作成

売上が落ち始め、利益が低下する時期です。デッドラインを設け撤退するかイノベーションによる新たな価値創造をする必要が求められます。

プロダクトポートフォリオマネジメントについてはこちらから

 

プロダクトライフサイクルの限界

プロダクトライフサイクル.001

起業tv編集部作成

このプロダクトライフサイクルには限界があると言われています。

例えば、「持続」する商品。ビジネスモデルが多様になった現代でサブスクリプション型ビジネスモデルが生まれました。

定額制であるサブスクリプション型ビジネスモデルは顧客を獲得できれば、解約しないようにさせるためにどんどん新たなサービスを取り入れ、製品自体に持続性をもたらします。

このような「持続」する商品はプロダクトライフサイクルの例外として考えられます。

 

また、時代遅れのもので新たな使われ方を見出されヒットした「復活」の商品。チェキやインスタントカメラなどが挙げられるでしょう。企業が意図しない場所で、意図しない形で商品やサービスを使用されるケースはプロダクトライフサイクルのもう1つの例外でしょう。

 

このように全ての商品やサービスをプロダクトライフサイクルで説明することはできません。逆に言えば、例外である「持続」する商品のようなものを提供することができれば大きく成功する可能性があるかもしれません。

 

プロダクトライフサイクルを意識してマーケティングをしていこう

912620380fc80f9334911c85df15a5c4_s

いかがでしょうか。プロダクトライフサイクルは、製品の寿命を意識してマーケティング手法を変えていくための分析手法であることが理解いただけたと思います。

企業のマーケティングにプロダクトライフサイクルを関連づけて分析するのも面白いかもしれません。

 

補論:ベンチャー企業が越えるべき壁

ベンチャー企業は大手企業に比べ、資金力が低く、広告などの事業や製品のプロモーションにかける費用は少ないことがほとんどでしょう。商品やサービスを販売開始した時に成長期に至るまでに実は乗り越えなければならない、大きな溝「キャズム」が存在します。

ベンチャー企業はこのキャズムをどう乗り越えるかが事業成長の大きなカギとなっています。

ベンチャ企業が飛び越えるべき溝、「キャズム」についてはこちらから

株式会社アントレプレナーファクトリー
SEO対策責任者

Seishin Miyaji

立命館大学経営学部4年。うどん県出身。父が店を経営していることもあり、起業に対する興味は人一倍強い。Atomの背景に執心している。白い。メガネ。

このオーサーに問い合わせする

お問合せ

タイアップ・広告・取材依頼について

NEWS
INTERVIEW
COLLEGE
新着記事
月間閲覧数ランキング
  • すべてのビジネスパーソンに、アントレプレナーシップを。株式会社アントレプレナーファクトリー
  • enfactv