1、【問】「ポジショニング」について簡潔に述べなさい。

lgf01a201402090600
出典free-photos.gatag.net
 
学校で経営学を学んでいればもちろん、社会人になった人でもこの言葉を1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
 
しかし、これを他の人に説明することができない。意味を知っているだけで使いこなせない。といった方も多いと思います。少なくとも、Google検索からこの記事にたどり着いたあなたには当てはまるのではないでしょうか?
 
ご安心ください、この記事を読めばポジショニングが理解できるだけではなく、使いこなすことができるようになると思います。ということでこの記事では、マーケティングにおいて欠かせない「ポジショニング」の意味の解説、さらには事例をしながらポジショニングの実践的な活用法まで見ていきます。
 

ポジショニングとは

gf01a201501281600
出典:free-photos.gatag.net
 
用語集で調べると、以下のように載っています。
 
“ポジショニングとは、ターゲット顧客の頭の中に、自社製品について独自のポジションを築き、ユニークな差別化イメージを植えつけるための活動。顧客に自社製品のユニークな価値を認めてもらうことで、競合製品に対して優位に立つことを目的にしている。”

(グロービスMBA用語集,ポジショニングより引用)

 
つまりポジショニングとは、
「この商品は、他の商品と違って〇〇がいい!」
「あのサービスは今までなかった」
といったイメージを顧客に持ってもらうために行うことなのです。
 

ポジショニング戦略

ポジショニング戦略とは?

そもそもポジショニング戦略とは、STP分析の最終ステップです。ここがしっかりしていないと、マーケティング戦略の策定に影響してしまいます。つまり、とても重要な項目ということです。
 

どのようにポジショニングを決めるか?

では、どのようにポジショニングを決めるのでしょうか。
 
「この商品は、他の商品と違って〇〇がいい!」の〇〇の部分を決めるには、どの軸で他の商品と差別化するかということを考える必要があります。その時の有効な方法として、「ポジショニングマップ」が挙げられます。
 
「ポジショニングマップ」とは、ある市場に存在する商品やサービスが、その市場においてどのような位置付けにあるのかを、2つの軸をつかってわかりやすくしたものです。例えば以下のようなものです。
positioning1
 
これをみて空いているポジションに移動すれば他社との差別化を図ることができます。
 
ただし、注意点が2つあります
1つは、ニーズとウォンツを見失わないことです。せっかく空いているポジションに移動しても、そこにニーズやウォンツがなければ意味がありません。もう1つは、軸の設定です。消費者が何を求めているかを見極めて軸を設定しなければ、ポジショニングを決めても売れないままです。
 
上記の点に注意してポジショニング戦略を考えていくのがいいでしょう。
 

ポジショニングで成功! 〜3つの事例紹介〜

「ポジショニング」について分かってきたところで、いくつか成功事例を見てみましょう。

 Apple 〜iPhone〜

positioning2
 
iPhoneが最初に登場した頃、キーボードやディスプレイ、ロゴの位置など消費者を虜にするようなデザインが話題になりました。日本では依然としてAndroidスマートフォンよりも高いシェアを誇っています。
 
この事例は、品質・性能重視の国産スマートフォンに対して、デザイン・革新性のポジショニングをとったiPhoneが勝利したことを示しています。
 

俺のイタリアン

positioning3
 
飲食店ビジネスは、売上高に対して人件費や原価が占める割合が大きいため、高級食材を使用すると全体的に価格が上がってしまい、客足が遠のくのが一般的です。そこで「俺のイタリアン」は、食材コストを下げずに他のコストをとことん下げました。
 
例えば、椅子がないことです。内装コストが抑えられますし、なんといっても回転率が上がります。飲食店において、回転率はとても重要です。お客さんの長居は利益を減らす重大な要因となってしまうからです。結果、見事俺のイタリアンのポジションはヒットしました。
 
こちらもポジショニング戦略による成功事例の1つと言えるでしょう。
 

Billy Blanks Boot Camp(ビリーズブートキャンプ)

positioning4
 
最後は、日本でも大ブームを起こした通称ビリーズブートキャンプです。一見、辛いダイエットと楽なダイエットであれば楽な方が好まれると思います。
 
しかし、ビリーズブートキャンプはそのポジションではなく、あえて辛い方を選びました。なぜなら、いろいろ試したけど効果が出ず、やっぱりハードな運動をしないとやせないと思った人たちを狙ったからです。ただ辛いだけでなく、自宅で簡単にできるというのも消費者に受けてヒットしました。
 
よくセグメントやターゲットを考えてポジショニングすることが大切だということがこの事例から分かると思います。
 

ポジショニングを使ってみよう

いかがでしたでしょうか。ポジショニングのコツと大切さが伝わっていれば幸いです。
 
この記事では企業におけるポジショニングの話しかできませんでしたが、これは個人の生活にも十分応用することができます。例えば、就職活動において労働市場を分析し、自分がどのポジショニングを取ればうまく就職できるかということも考えられるでしょう。
 
ポジショニングは奥が深いので、この記事を読んでポジショニングに興味を持っていただけたのなら、もっと勉強してみてください。きっと役に立ちます!

おすすめの記事