> > > 【落し物が多い人必見】落し物ドットコムが追跡タグやポータルサイトで「なくすを、なくす。」
トレンドニュース

トレンドニュース

【落し物が多い人必見】落し物ドットコムが追跡タグやポータルサイトで「なくすを、なくす。」

「 いつも気づけば物がなくなっている」という方はいませんか?

そんな問題を解決するため、「なくすを、なくす。」をビジョンとして、落し物に特化したサービスを運営しているベンチャー企業があります。

今回は、そんな株式会社落し物ドットコムについてまとめました。

落し物ドットコムとは?

スクリーンショット 2015-11-08 14.44.18

 

出典:http://company.otoshimono.com

株式会社落し物ドットコムは、2012年7月に日本初の落し物総合ソリューションを提供する会社として設立しました。

現在手がけるサービスは、以下の4つのサービスです。

・世界最小の追跡タグ「MAMORIO」

・ 紛失・忘れ物・落し物情報の総合ポータルサイト「落し物ドットコム 」

・落し物早期発見・回収サービス「リターンタグ」

・企業で発生する問題を解決する「紛失対策プラスアルファ」

なぜ「落し物」で起業?

msc01

出典:http://mamori-max.com/interview/

なぜこれほど落し物にこだわってサービスを展開しているのでしょうか?

代表の増木大己氏はあるインタビューで起業の経緯について以下のように語っています。

私自身、海外で携帯電話を紛失するなど、落とし物で大変な思いをした経験があり、日本自動車連盟(JAF)のロードサービスみたいなものがあればと常々思っていた。

ある会合で事業構想を公表したところ、サムライインキュベートの榊原健太郎代表取締役に評価してもらい、面談を繰り返して起業に至った

代表自信が心から欲しいと思っていたサービスを自分でしまったという経緯だったのです。

サービスの特長

今回は、4つのサービスの中でも、「MAMORIO」と「落し物ドットコム」について見ていきたいと思います。

世界最小の追跡タグ「MAMORIO」

umbrella2-6097a530

出典:http://mamorio.jp

世界最小の極小サイズのタグである「MAMORIO」は、無くしたくない物に付けておくだけで、万が一の紛失時にはスマートフォンを使いって置き忘れ防止アラートや紛失場所の地図表示、ユーザーの相互捜索によるクラウドトラッキング機能で無くした物を見つけることができるというものです。

また、紛失時によくある困り事を24時間365日オペレーターによる電話サポートを行っているため、落し物をしても途方にくれる心配はありません。

充電は不要で、1年間の連続使用が可能です。11月5日に出荷を開始したばかりで、価格は1つ3,500円からです。

紛失・忘れ物・落し物情報の総合ポータルサイト「落し物ドットコム 」

スクリーンショット 2015-11-08 15.35.55

出典:http://otoshimono.com

落し物ドットコムを使ってできることは以下の4つです。

・落し物対処法の確認

落し物ドットコムには物や場所別の落し物対処法がまとめられています。落し物をしてしまったらまずは対処法を確認することができます。

・落し物の場所を検索
落としたエリアやカテゴリなどで落し物情報を検索することができます。

・落し物情報の登録
拾った落し物や落とした落し物の情報を投稿することで、たくさんの人に見てもらうことができます。落し物情報の登録には会員登録(無料)が必要です。

・落し物情報のシェア
投稿された落し物情報をTwitterやFacebookを使って多くの人と落し物情報をシェアできます。

落し物を良くする方、使ってみては?

この「落し物ドットコム」というサービスは、サービスの存在が多くの人に知られなければ成立しません。

落し物を良くする方は、ぜひ周りの人にオススメして、自分のものがなくなったときに協力してもらえる体制を作っておきましょう。

この落し物ドットコムは2015年11月6日に資金調達を行っており、ますます注目が高まっています。

落し物はめったにしないという方でも、1度登録してみてはいかがでしょうか。

 

株式会社落し物ドットコムについての詳細はこちら

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」