> > > 日本の香りを活かしたアロマブランド「NIKKA」誕生の背景とは?MoonLeaf・成田麻衣子【wakrak連携企画⑤】
起業tvスペシャル動画

起業tvスペシャル動画

日本の香りを活かしたアロマブランド「NIKKA」誕生の背景とは?MoonLeaf・成田麻衣子【wakrak連携企画⑤】

ワークショップでの林業の方と話す中での気づき

三根:奈良の林業の方と組んで、ヒノキを使った和精油『NIKKA』を立ち上げられましたが、その開発エピソードを教えていただけますか?

 

成田:普通、精油というのは廃材を使って抽出するというのが多いのですが、『NIKKA』は木を市場で買うところから始めています。

それは2012年のワークショップから2年間林業の方接している中で、「環境に関しては木を切らない方が良いんじゃないかと思いがちだけど、切って育っていくものなので、循環した方が良い。木は切って使って、また植えて育てた方が水もきれいになるし土も柔らかくなる。林業だけの話ではなく、日本の国土は70%が森だというくらいで、林業が上手く回らなければ魚も野菜もおいしくなくなるんだよ」という話を聞いて、私は「そっか!」と納得しました。

そこから、どんどん木を知って使ってもらおうと思ったんです。木を使ってもらうために何ができるかと考えた時に、蒸留するということに辿り着きました。

できないことは、専門家に

三根:事業をやっていく中で、それなりの資金が必要だったんじゃないかと思うんですが、その点に関してはどうでしたか?

 

成田:私ができることも限られているので、お金の管理は全部税理士に任せていて、相談して資金を集めて実行しました。

ヒノキには、必ずいい結果がついてくる

三根:今後の展開はどのようにお考えですか?

 

成田:最終的には私がいなくてもMoonLeafと『NIKKA』が育っていく状態をつくるのが目標です。

ラインナップを増やすということは今の所考えていないんですけれども、精油の付随的なものとして、ディフューザーなどを使わなくてもアロマを楽しむことができる『ヒノキグッズ』などのアイテムは考えていこうと思っています。

 

三根:空間プロデュースも考えてらっしゃるとお聞きしたのですが。

 

成田:ヒノキの空間の中で会議や販売などしてもらうと、必ず良い結果がついてくるのではないかと思っています。香りは気分転換のために簡単に取り入れてもらうことができるので、空間プロデュースにも力を入れていこうと思います。

 

三根:みなさん鼻って敏感に反応されますよね。

 

成田:年齢とともに五感のうちの視神経や聴神経はどんどん衰えていくんですが、嗅神経だけは嗅げば嗅ぐほど再生する唯一の細胞なので、これからはどんどん香りを焚くことを積極的に行っていくと面白いかと思います。

起業を目指す女性に向けてのメッセージ

三根:起業を目指す女性に向けて、メッセージをお願いします。

 

成田:とにかくやってみることです。まず考えていることノートに書き出して視覚化し、できることから一つずつやってみる、トライアンドエラーの繰り返しだと思います。

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

1 2


三根 早苗

有限会社パワーエンハンスメント代表取締役。 女性の起業を応援する「わくらく」を運営し、約11年間で800名もの女性をサポート。

このオーサーに問い合わせする

お問合せ

タイアップ・広告・取材依頼について

NEWS
INTERVIEW
COLLEGE
新着記事
月間閲覧数ランキング
  • すべてのビジネスパーソンに、アントレプレナーシップを。株式会社アントレプレナーファクトリー
  • enfactv