> > > ”マーケティングオートメーション”ってこういうことか! マーケティングオートメーションがよく分かるマニュアル!
トレンドニュース

トレンドニュース

”マーケティングオートメーション”ってこういうことか! マーケティングオートメーションがよく分かるマニュアル!

マーケティングオートメーション?

“マーケティングオートメーション”という言葉を聞いたことがありますか?
marketing-automation
出典:www.cremarc.com

日本ではまだ使用されている企業は少ないですが、アメリカでは主流になっているマーケティング・ツールの一つです。マーケティングオートメーションにはどんな機能があり、導入するとどんなメリットがあるのか?

今回は、そんな最先端の“マーケティングオートメーション”についてご紹介します。

マーケティングオートメーションとは?

2014年に日本市場へ導入されて以来、日本でも画期的なマーケティングツールとしても注目を集めたのがマーケティングオートメーション(Marketing Automation)でした。

マーケティングオートメーションとは「リードを最適なタイミングで抽出し、次のアクションを実行する」ソフトウェアの一つです。従来別々になされてきたメール配信やソーシャルメディア・Webからの解析など様々なマーケティング・プロセスを一つのシステムに集約することで、企業のマーケティング活動の効率を高めより効果的な結果を生み出すために開発されました。

マーケティングオートメーションの役割・機能

具体的なマーケティングオートメーションの機能には、

○ コミュニケーション戦略立案
○ 運用設計
○ シナリオ企画
○ コンテンツ制作
○ プログラム設計・設定
○ 実行後の分析とPDCAサイクルの運営

などがあります。
マーケティングオートメーションは、細かく業務を分けることでより丁寧なオペレーションの実現を目指すシステムなのです。

マーケティングオートメーションを導入するメリットは、なんと言ってもマーケティング・プロセスの効率化に貢献できることではないでしょうか。
顧客の膨大なデータ、その情報の把握やプロセスが進んでいくにつれてデータは増え続けていく一方です。人の手で管理しているとどうしてもモレやミスが発生してしまいますが、システムで管理することで解消されますし、web訪問時間などの分析からより精鋭された顧客の潜在的なニーズ情報を得ることでより生産的なマーケティングを行うことができます。

例えば、ECマーケットビジネスにおいて、商品ページに至ったものの購入に至らなかった顧客に対し、その顧客のWeb上の行動から購入しなかった原因を追究します。その結果に基づき、バナー広告や特別キャンペーンを紹介することで、再度商品ページに誘導し、購入に結びつけるといった施策が可能です。
このような個別対応が、100万人なら100万人、1000万人なら1000万人の顧客に対し可能になるのです。

マーケティングオートメーション日米の比較

企業文化はもちろん顧客からのニーズも異なるアメリカでは、マーケティングやコンサルティングは専門の会社に依頼されることが多く、コンサルタントが積極的にマーケティングオートメーションの導入をリードしてきました。

一方日本では、直接顔を合わせるようなセミナーや展示会が主流であること、新規システムの導入に時間がかかることから、コンサルティングやマーケティングシステムを積極的に活用できる環境がまだ十分整っていないのが現状です。
しかし、マーケティングオートメーションでより効率・効果的なマーケティングが可能であることは、アメリカでも日本でも同じはずなのです。
スクリーンショット 2016-05-17 11.58.22
出典:www.salesforce.com

事実、デジタルマーケティング界で有名なネットイヤーの石黒不二代氏は、salesforce.comへの投稿記事の中で「100人いれば100の異なる興味や行動があるわけですから、本来は、100の施策を打たなければいけません。(中略)遅れていた日本も、デジタルマーケティングへの取り組みが盛んになる今年こそ、この自動化ツールの採用が一挙に進むだろうと、私は考えています」と発言しています。

マーケティングオートメーション導入の際の注意点

マーケティングオートメーションは優れたマーケティングソフトウェアですが、やみくもに導入すれば成果が上がるというものではありません。

自社の課題は何なのか、ターゲットにしたいのはどんな顧客なのか、現在の業務の役割・プロセスは顧客のニーズに合っているかを十分に検討し、適したマーケティングオートメーションを選ばなければいけません。

同じマーケティングオートメーション・ソフトウェアでも提供されている会社によって強みも弱みも異なってきます。顧客情報が少なくても使いやすいもの、膨大なメール配信がスムーズにできるもの、まずは自社自身の分析をしっかり行い、最適なマーケティングオートメーションを使用し、より効果のあるマーケティングを目指しましょう。