近年「イクメン」という言葉を耳にすることが増えましたが、日本では従来、育児は主に女性がするものと考えられ、現在にもその風潮は少なからず残っています。そしてその背景にあるのは、当事者意識の問題です。
ママはお腹の中にいる子供を常に思いやって妊娠中の生活を過ごしますが、パパの場合は自分自身への変化は特にないということもあり、女性に比べると当事者意識は弱くなってしまう場合が多いのです。
そんな中でリリースされた、パパがママを”手伝う”のではなく、二人三脚での子育てを実現するためのアプリ『Lifull FaM(ライフルファム)』を紹介します。

「Lifull FaM」とは?

スクリーンショット 2015-08-28 11.15.57
出典: http://lifull-fam.com/appinfo/
家族で子育てをシェアするアプリ『Lifull FaM』を提供している株式会社Lifull FaMは、2014年10月に設立されました。「わたしたちは子育てと仕事の両立を目指すパパとママを支援することで、笑顔あふれる幸せな家族を増やす」をビジョンとしています。
具体的な『Lifull FaM』の機能としては、子どもの毎日の写真や保護者会・予防接種などのスケジュールを、夫婦で簡単にシェアしたり、「ごめんね」や「ありがとう」などの想いをシンプルに伝えられることなどがあります。
また、夫婦のやり取りする写真にはタグをつけることができ、育児記録として残しておくことができます。

利用者の声は?

スクリーンショット 2015-08-28 11.12.58
出典:http://lifull-fam.com/appinfo/
『Lifull FaM』の公式サイトを見ると、以下の通り、ママ陣への評判は高いようです。
パパからの『ありがとう』が増えた気がする!
パパには帰りが遅くなる日を登録してもらって助かってます
子どもの写真に日記のようにコメントをいれて、『階段登ったよ!』とか『果物食べたよ!』などを忙しい夫に共有しています
『Lifull FaM』は、これまでママが感じていた不安や不満などを解消してくれるアプリであることがわかります。このような喜びの声は、特に子育てへの関心が高い人に多いように思われます。
 
<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

おすすめの記事