> > > フリーランスで働きやすい環境がそこまで来ている!~ランサーズが10億円の資金調達に成功!
資金調達ニュース

資金調達ニュース

フリーランスで働きやすい環境がそこまで来ている!~ランサーズが10億円の資金調達に成功!

12月2日、クラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社は、KDDI株式会社、株式会社インテリジェンスホールディングス、株式会社コロプラ、グリーベンチャーズ株式会社、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、また、GMO VenturePartners株式会社から総額10億円の資金調達を行った。調達した資金は、フリーランサーの支援や人材採用、システム開発などに充てられる見込み。

プレスリリースはコチラ

ライターの視点

競合であるクラウドワークスが東証マザーズ上場を控え、ランサーズは負けじと大型の資金調達を行いましたね。クラウドソーシング業界が盛り上がっています。

ランサーズはクラウドワークスと比較すると、設立年が少し早いこともあり、クライアント社数や登録者数が多いです。違いはシステムの利用料や支払方法の多様性などでしょうか。この点に関してはクラウドワークスが優位だと言われています。

しかし、ランサーズはフリーランサーを実績やスキルに応じて「ユーザーランク」を付けていて、依頼者側にとってわかりやすい制度を採用しています。クラウドワークスだと「ありがとうボタン」があり、スキルが必要ではない業務の場合も「ありがとう」が貯まるので、その人の評価という点では弱いかもしれません。

とは言っても両社に決定的な違いというものはなく、どちらも成長市場で今後も規模を拡大していきそうです。昨年設立されたクラウドソーシング協会でも両社の代表は理事を担っていますし、今後も両社が切磋琢磨しながら市場を牽引していくのではないでしょうか。

出資者も本業へのシナジーを考慮しつつも、クラウドソーシングという市場の成長性に期待しているのでは、と予測されます。ぜひ今後のランサーズの展開に注目してみましょう。

会社概要

ランサーズは、「時間と場所にとらわれない新しい働き方の創造」をビジョンとし、クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営している。
現在10万社以上が利用していて、登録数は国内最多の約41万人存在する。
設立は2008年、本社は東京都渋谷区にあり、代表取締役は秋好陽介氏である。