> > > 3Dプリンターを使ったデジタルものづくりプラットフォーム「Rinkak(リンカク)」を運営するカブクが4億円の資金調達を実施
資金調達ニュース

資金調達ニュース

3Dプリンターを使ったデジタルものづくりプラットフォーム「Rinkak(リンカク)」を運営するカブクが4億円の資金調達を実施

2015年8月28日、3Dプリンターを使ったデジタルものづくりプラットフォーム「Rinkak(リンカク)」を運営する株式会社カブクは、グローバル・ブレイン(以下「GB」)から約4億円の資金調達の実施を発表した。カブクは本ラウンドで総額約7.5億円の資金調達を計画しており、他に先立ちGBをリードインベスターとして資金調達を行った。今回の資金調達により、開発体制やグローバル展開体制を強化し、デジタルものづくりプラットフォーム機能の強化を進めていく見込み。

ライターの視点

インタビュー(メイン画像)(560x360)

出典:http://www.loft.co.jp/lp/21-3DStudio/

カブクは、個人や法人の作り手と3Dプリンターを保有する製造工場を繋いだ、ものづくりマーケットプレイスである「Rinkak Marketplace」を2013年から運営開始している。

現在は、3Dプリントで自動車のカスタムパーツ制作を行うトヨタ自動車との共同プロジェクト「OPEN ROAD KITCHEN」やロフトとの共同プロジェクトである「ロフトラボ3Dフィギュアスタジオ」なども手掛けている。

 

資金調達の決め手としては、3Dプリンターという新しい技術で、社会に貢献するための取り組みを幅広く行うカブクの今後の可能性への期待が大きいのではないかと考えられる。

「Rinkak Marketplace」は、3Dプリンターが欲しくてもなかなか買うことができない個人や法人、そして、例えば3Dプリンターは保有していても上手く活用できていないような工場、双方にメリットがあるサービスだ。

0831_rinkak_3d_printing_mms_001

出典:https://fabcross.jp/news/2015/08/20150831_rinkak_3d_printing_mms.html

また、今後は3Dプリンター工場向けの基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing MMS)」を本格展開する予定となっている。工場の製造受託業務に必要な機能をワンストップで提供することで製造受託業務を大幅に効率化することが可能になる。

そのシステムの初期導入およびライセンスコストは、3年分でオンプレミス型の業務アプリケーションと比較し、約5分の1に抑えることができるという。

 

3Dプリンターを使った事件などが度々起こり、3Dプリンターに良いイメージを持っている人は少なくなっているかもしれない。しかし一方で、カブクのように、社会や人々に貢献するために3Dプリンターの活用を考えている企業がいるということも忘れてはならない。

今後、3Dプリンターおよびカブクから、どのような新しいものが生み出されていくのだろうか。

会社概要

株式会社カブクは、インターネット関連サービス、コミュニティ運営、3DCAD・CG系ソフトウェアプロダクトの研究開発、プロダクトデザイン・開発、先端テクノロジーの研究を行っている。

設立は2013年、本社は東京都渋谷区にあり、代表取締役は稲田雅彦氏である。

 

カブクについての詳細はこちら

プレスリリースはこちら

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

株式会社アントレプレナーファクトリー

Rina Takada

神戸大学経営学部卒業。SEOを中心に、メディアの改善に挑む。現在は東京に移り、LINE LIVEにおいて新たな挑戦を行う。

このオーサーに問い合わせする