> > > 「人生なんて、顔で変わる」JINS田中代表がユニクロ柳井会長から学んだこと
トレンドニュース

トレンドニュース

「人生なんて、顔で変わる」JINS田中代表がユニクロ柳井会長から学んだこと

人生なんて、顔で変わる

あなたはこの言葉をご存知でしょうか?

 

「何てことを言うんだ」と思われた方も多いかもしれませんが、これは会社が、広告販売のために掲げたキャッチフレーズです。

 

 その会社こそ、今回ご紹介する格安メガネ販売店”JINS”です。2001年に一号店が開店し、ショッピングモールを中心に店舗を展開しているJINSですが、知っている方も多いでしょう。

 

 ではJINSはどこの国から生まれた会社か知っていますか?「外国の企業かな?」とイメージした方もいるでしょう。しかし実は日本の企業で、JINSの代表取締役社長である”田中 仁”氏の名前が、社名の由来になっているそうです。

 

『人生なんて、顔で変わる』。これは見た目が変わると、たとえば、気持ちに変化が出てくる。気持ち変わると、たとえば、姿勢や歩き方に変化が出てくる。そうして生まれる小さな変化は、やがて、知らない景色を見せてくれる、という考えからきています。

 

こう聞くと『人生なんて、顔で変わる』って素敵な言葉ですよね。

 

 実はJINSの代表取締役社長の田中 仁氏はビジネスにおいても自身の経験をもとに、大事にしている考え方や信念を持っています。今回は田中仁氏の考え方や経歴も踏まえながら、ご紹介したいと思います。

 

株式会社ジェイアイエヌ/田中 仁代表 経歴

prof_tanaka

 出典:www.jin-co.com

群馬県前橋市に生まれ、1981年に前橋信用金庫に入庫します。しかし1985年の大晦日に預金集めに行った客先で怒鳴られたことをきっかけに、起業を決意。1987年に25歳で個人事業の形でジンプロダクツを創業します。

1988年にファッション・メガネ雑貨のJINSを運営する有限会社ジェイアイエヌを設立、代表取締役に就任します。2008年の業績赤字を経て、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長と面談し「志やビジョンがない。それがない企業は継続的に成長できない」という指摘を受けます。この言葉にショックを受けたものの、この出来事が再起のきっかけになったと語っています。

 

田中 仁氏から学ぶべき行動思想

209951_photo_1

出典:www.aeonmall.co.jp

これらの経歴を踏まえて田中氏が、いくつか自分の思想について語っています。今回はその中でも行動の思想についてお話ししたいと思います。今行動できていない人には、是非聞いてほしい思想です。

 

 ”考える素材が足りないのに、悩んでいるのは時間の無駄だ”

 

何かを始める前に、失敗しないだろうか、もっと情報を集めてからでないとと悩むのは時間の無駄だということです。

 

”始めからビジョンとか志とか格好いいことを言わなくてもいい。それは行動していくうちに出てくるもの。逆に言えば行動しないと分からない”

 

 行動していく中でみえてくるものがあり、それは行動していないうちには分からないということです。

 

 ”志を定めたことが一番大きかった”

”大事にしているのは、ブレないビジョン、方向性、判断”

 

 ファーストリテイリングの柳井会長に言われたことですが、志やビジョンは行動の原理原則上、最も大切であり、自分の価値判断の指針となります。

 

”迷ったときの判断基準は、自分自身が納得できるかどうかです。色々な条件に合わせて妥協した決断は、絶対に上手くいきません”

“自分がどんな人生を歩んだら納得できるかという考え方が大切”

 

判断の基準とは、常に自分で設定するものであり、納得のいく判断を行わないといけないのです。

 

”日本人は安定を求めますが、安定に成長はありません”

”環境の変化によって刺激を受けるのは良いものです。人間は刺激がないとダメだと思います”

 

 自分一人で変わるのではなく、付き合う人を変える、あるいは環境を変えるのも一つの方法です。

 

 ”難しく考えず、それぞれ自分ができることをやればいい”

 

 あれこれ考える前に、自分のできることから行動を始めてみることが、大切ということです。

 田中 仁氏の今後

sns

出典:gooday.nikkei.co.jp

たくさんの刺激を与える思想を持っている田中仁氏。50歳を迎えて次に彼が目指しているものがあります。それは起業家支援です。

 

群馬県に生まれた田中氏ですが、群馬県の起業家たちにこれまで培った経営ノウハウを還元しています。その一環として2013年から群馬イノベーションアワードを開始しました。

 

イノベーションアワードのビジネスプラン部門では、高校生や大学生、専門学生のチームも参加でき、これからを担う起業家の発掘を行っています。また、この取り組みを社会に紹介し事業化を支援しているのです。

 

 群馬から彼の思想をもった起業家が生まれてくることに期待しましょう。

株式会社アントレプレナーファクトリー
インターン

Dai Bito

和歌山有田市出身。立命館大学経営学部に在学。「起業」や「経営」に興味を持ち続けており、大学ではアントレプレナーシップを学んでいる。趣味のボーリングでは負けを知らない。

このオーサーに問い合わせする