まだ梅雨の時期が来ていないにも関わらず、全国的に真夏日を記録しています。
その中でスーツを着て仕事に勤しむビジネスパーソンが、汗をかかないはずがないですよね。
bigstockphoto_hot_sun_996962
そして、少しでもその暑さを和らげるために、”涼しいインナー”が続々と発売されています。
今回は、有名インナーメーカーの”涼しいインナー”男性編を紹介します。

そもそもなぜ、着るのに涼しいの?

なるべく着る枚数を減らしたほうが、涼しいのでは?
そう思っている方も多いのではないでしょうか。
ですが、インナーを着ずに汗をかいてしまうと肌に直接服がベタついて余計に暑かったり、そのままクーラーの効いた涼しい部屋に入ると、一気に体が冷えてしまうことがあります。
そして、何と言っても、臭くなる。これでは、一生懸命働いていても、嫌な顔をされてしまいますね。
 
インナーを着ることによって、ベタつきを抑えたり、臭いが抑えられたりするので、ぜひインナーを着ることをおすすめします。

グンゼ

スクリーンショット 2015-05-26 16.21.53
出典:http://cotton-yg.com/products/
 
『グンゼYG』
こちらは、コットンで作られた肌着です。
商品ラインナップは、コットン100%、ドライ、ドライ&クール、コットンクール、カットオフ、ボクサーブリーフとなっています。
肌着のプロフェッショナル・グンゼが出した答えは、「心地よさを考えると、やっぱりコットンがいい」というものでした。
 
これらの商品の中でも、ドライ&クールなものに関しては、脇汗を見せない汗ジミ対応パッド」「消臭性に優れた素材でニオイ抑制」「ベタつきが気にならない鹿の子編み」が特徴と言えます。

ユニクロ

150424-bnr-lifewearairism_o
出典:http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/airism/men/#fC14
 
『エアリズム』
おなじみ、ユニクロのエアリズムです。毎年好評のこの商品ですが、今年のものは今までと少し違います。
東レと共同開発の極細繊維で、肌にフィットする仕上がり。
そして、「ドライ」「消臭」「防菌・防臭」「接触冷感」という機能を備えています。
そしてなんと、メッシュ素材を変えたことにより、従来のものと比べると風通しが2倍になっているそうです。
これで990円は、さすがユニクロといったところでしょうか。

ワコール

スクリーンショット 2015-05-26 16.57.54
出典:http://www.wacoalmen.jp/lineup/032.html
 
女性のインナーの印象が強いワコールですが、男性下着も取り扱っています。
ワコールメンでは、「ヒビカヌーディ」「薄軽爽NUDY」「爽快さらっと」の3種類のクールインナーを展開しています。
全てに共通しているのは「吸汗速乾」「接触冷感」で、「ラインが出にくい」「脇接なしのフィットタイプ」と言ったものまであります。

まとめ

いかがでしたか?お気に入りのインナーは見つかりましたでしょうか。
これからますます暑くなっていく毎日を、涼しいインナーを着て、スマートに乗り切ってください。
 
 
<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

おすすめの記事