女性が働きやすい社会にはなりつつありますが、その中でもまだまだ問題はあります。
女性は特に「年齢」が大きな影響を与えており、そのことで思うように働けない方も大勢いらっしゃいます。
今回は、そんな現状を変えようと女性のためのお稽古サイトを立ち上げた、ヒメルリッチ荻野久美子氏の魅力に迫ります。

採用の現実

キャリアや年齢は変えることができません。
でも今からでもすぐに変えられるものがある—それが『スキル』でした。
この30代女性に対して、時間や場所にとらわれず学んでほしいと思い、オンラインの学ぶ場を提供するに至りました
 
荻野氏は前職のデザイン会社でスキルや容姿は大して変わらない25歳と35歳の採用面接を担当したそうです。
その時、彼女は「年齢」という理由だけで25歳を選びました。
その判断をした自分にショックを受け、「どういう状況なら35歳の女性を選んだのだろう?」と自分に問いかけてみました。
「スキルが高ければ選んでいたかもしれない」という結論に至り、そのような場を自分が作っていこうと考え、起業を決意したのです。
伸びしろなどを考慮した上で年齢を重視して採用を行っている会社も少なくないですが、人の価値はそれだけで決まるものではないはずです。

自分からも行動すること

スクリーンショット 2015-05-13 11.05.19
 
アベノミクスの影響で女性の社会での活躍にフォーカスがあたっています。
その一つは社会の受け入れ態勢です。
この取組はとてもありがたいですが、女性として私が思うのは女性自身も社会に受け入れてもらえる自分つくりをしていく必要があると思うのです
なんでも周りに任せきりでは、いざスタート地点に立った時に出遅れてしまいます
自分で考え、準備をしてこそ、社会に受け入れられるようになるのです。

自分の人生を生きる

1476201_573572249383518_2024122074_n
 
スティーブ・ジョブズ氏が米スタンフォード大学卒業式で
『あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。』
というメッセージがあります。
私はこの言葉にとても救われました。自分の時間を大切にして生きていきたいと思うようになりました。
…(中略)…簡単なことではないですが、自分の人生を生きて欲しいと思います
 
自分の心が豊かになる一つの方法として仕事があると私は考えています
人は、人生の大半の時間を働いて過ごします。
その時間を無駄に過ごしていては、人生として大きく捉えた時に何も残らなくなってしまいます
その仕事を、自分がやりたいように、自分の時間としてやっていくことで、心を豊かにし意味のある人生を築いていくことができます
起業をして自分のやりたいことができているので、彼女も非常に価値のある人生を送っている1人なのです。

働くモチベーション

自分が描く未来が仕事に直結しているから、それがモチベーションになっています
先ほどの話でもそうですが、彼女は起業という選択をしたことによって、豊かな人生を手に入れることができています。
現在、「他人の人生に振り回されている」「自分の人生を生きられていない」と感じている人は、一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。
きっとその先には、輝く未来が待っているはずです。
 
ヒメルリッチについてもっと知りたい方はコチラ
<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

これ以上は記事がありません

読み込むページがありません

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事