近年の不動産業の盛り上がりの中でも最も注目が集まっているのは、「無店舗」での経営です。
片岡拓氏は学生起業家であり、慶応大在学中に無店舗で不動産紹介をする会社ハイタイムを立ち上げています。
無店舗での経営によって、オンラインで不動産を紹介することでお客さまの負担を減らし、価格を抑えることもできるといいます。
今回は、そんな無店舗不動産と片岡氏の魅力に迫ります。

事業内容

スクリーンショット 2015-06-22 18.24.16
出典:http://www.high-time.co.jp
 
事業といたしましては「店舗なし」型の住宅・オフィス賃貸仲介業を行なっております。
そして、店舗を無くすことで浮いた費用を、すべてユーザー様に還元し、日本一ユーザーメリットを大切にした賃貸サービスを心がけております
数々の強豪がひしめく中で、「日本一」を目指すハングリー精神が彼の強みとも言えます。

不動産“紹介”業の裏側

実はどこの不動屋さんでも、紹介お部屋は基本同じなんですよ。
国で定められている「レインズ」という、世の中のお部屋が十中八九掲載されているサイトがありまして、注文をうけると不動産屋さんはそこにアクセスして、お客さまの条件にあったお部屋を探します。
そしてお客さまにお部屋を提示しています。
よく同じ物件が他のサイトにも掲載されているの見たことありませんか?
 
不動産会社は、決して不動産を持っていたり契約しているわけではなく、お客様に対して「サービス」を売っているのだと語ります。
このことを考えると、不動産”紹介”会社を選ぶポイントは「サービス」であるべきだということがわかります。
そのため、様々な不動産紹介業が登場してきているのです。

人生とは

dsc_6256_380x265
出典:http://atarashimasami.com/shinshijuku/achievement/interview_04.html
 
「死ぬときに後悔はしたくない」という言葉があります。
泣いても笑っても人生は一度きりなんですよ。
大きく捉えて周りの人を巻き込んで、刺激を与えていきたいなと思います。
現在は不動産という人間の生活でいう”住”に当てたサービス行っておりますが、今後もマッチングに限らず広く展開していきたいです
 
「人生は一回きり」ということはわかっていても、実際に自分のやりたいことに突っ走るのは難しいです。
ですが、学生起業家たちはその決断を早いタイミングで下し、行動に出ています
こういった点は、私たちも見習うべきではないでしょうか。

まとめ

不動産会社の差別化のポイントは「サービス」
これを徹底的に追求し、より良いサービスを提供し続けているのが片岡氏であるといえます。
彼のように、「死ぬときに後悔をしないように」生きていく学生が増えていけば、日本はもっと元気になれるはずです。
 
株式会社ハイタイムについて詳しく知りたい方はこちら
 
<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

おすすめの記事