> > > 費用対効果が明確!これまでにないクーポンプラットフォーム『Gotha!mall』とは?
起業・起業家

起業・起業家

費用対効果が明確!これまでにないクーポンプラットフォーム『Gotha!mall』とは?

新たなクーポン『Gotha!mall』

1290_01

出典:eczine.jp

誰しも1度はクーポンを使ったことがあると思います。ユーザーからするとクーポンは、お得なサービスを受けられるという価値があるでしょう。企業側からすると販売促進を期待してクーポンを発行することが多いです。しかし企業にとってクーポン発行は、実際にどれだけの効果があるのか分からないという問題があります。

 

そんな企業側が抱える問題を解決する事業があります。株式会社グランドデザインが展開する『Gotcha!mall』です。『Gotcha!mall』はユーザーがガチャを回してクーポンを手に入れられるのですが、これまでのクーポン事業にはない強みを持っているのです。

『Gotha!mall』のこれまでのクーポンにない強み

企業がクーポンを発行する際の問題点としてよく挙げられるのが、費用をかけて発行したクーポンがどれだけ効果があるのか把握しづらい点です。

 

また自社のアプリを使いクーポンを発行する企業が増えていますが、それにつれてユーザーにとっては管理するのが面倒だと感じる機会が増えてきています。

d14253-8-467277-0

出典:prtimes.jp

それらの問題点を全て解決したのが『Gotha!mall』です。『Gotha!mall』は、実店舗に来た顧客がクーポンを使用したというデータが取れるという特徴があります。元来のクーポンでは顧客が店舗に来たことまでは分かりましたが、使用したということまでは分かりませんでした。しかし『Gotha!mall』ではクーポンを使用したことが分かることで、購買した場合のみ報酬が発生する購買成果報酬モデルが成り立ちます。

 

POSレジとの連動や、クーポンの利用ログから企業は費用対効果を確認できるため、これまでの漠然とした投資が解決されます。『Gotha!mall』はビジネスモデル特許を取得していて、他社に模倣されにくいという強みもあります。

 

また『Gotha!mall』では大手小売店のクーポンをまとめたプラットフォームとなっているので、ユーザー側からするとたくさんのクーポンを管理する手間が省けます。

 it02-3_main

出典:www.recruit.jp

そして『Gotha!mall』の最大の強みは、独自に開発する人工知能(AI)を使いこれまでのクーポンには出来なかったパーソナライズ化を可能になったことです。パーソナライズ化とは顧客一人一人に対してそれぞれの属性や、購買履歴に基づいた最適なサービスを提供することです。

 

これまでのクーポンは漠然とした販促は出来たものの、消費者単位での利用データの分析はほとんど行われず最適な効果が期待できませんでした。

 

しかし今回ユーザーの購買行動まで把握できることにより、ユーザーと店舗に対して最適なクーポンを発行しマッチングを行うことが可能となりました。このことにより、より良い販促効果が期待できるだけでなく、企業側も費用対効果が明確なクーポン発行を実現できるのです。

『Gotha!mall』の今後の展開

1-C-MSC566

出典:www.artbank.co.jp

顧客の購買行動や属性などのビックデータが取れ、さらにそれを活用しユーザーそれぞれに対して最適化できる人工知能も自社で開発している『Gotha!mall』。彼らは今までにないクーポンを使った新たなオムニチャネルのプラットフォームとして今後も拡大していくでしょう。

 

また日本のみにとどまらず、今後はアジア全域に事業拡大し増えるインバウンド消費にも対応した各国間のユーザーに対する販売促進も期待できるアジア最大のスマホオムニチャネルプラットフォームを目指しています。

株式会社アントレプレナーファクトリー
インターン

Dai Bito

和歌山有田市出身。立命館大学経営学部に在学。「起業」や「経営」に興味を持ち続けており、大学ではアントレプレナーシップを学んでいる。趣味のボーリングでは負けを知らない。

このオーサーに問い合わせする

お問合せ

タイアップ・広告・取材依頼について

NEWS
INTERVIEW
COLLEGE
新着記事
月間閲覧数ランキング
  • すべてのビジネスパーソンに、アントレプレナーシップを。株式会社アントレプレナーファクトリー
  • enfactv