9月12日、オンラインダイエットプログラムを展開する株式会社FiNC(以下、フィンク)は伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、グリーベンチャーズなどから資金調達を行った。調達額は不明だが、数億円規模と見られている。調達した資金はオンラインダイエット家庭教師事業の強化に充てられる見込み。また、調達と同時に元ミクシィ代表取締役社長の朝倉氏、元オプト代表取締役CEO海老根氏が戦略顧問に就任した。
フィンクが提供する「ダイエット家庭教師」は、遺伝子検査や血液検査、生活習慣アンケートを元にユーザーの最適なダイエット方法を教え、管理栄養士がダイエット指導を最長60日間オンラインで行う。60日間、完全成果保証で月額料金は99,000円。30日間のライトプランであれば月額料金29,000円である。会社の設立は2012年、本社は銀座(東京都中央区)にあり、代表取締役CEOは溝口勇児氏である。
毎日、体重計と食事画像を投稿し、管理栄養士の指導を受ける。また、ダイエットメニューをこなすことでポイントが貯まり、アマゾンのギフト券を獲得できる(例:腹筋を30回行うと3点獲得)。ゲーミフィケーションを取り入れ、楽しんで続けられる仕組みが考えられており、一人では挫折しがちなダイエットを続けられるのではないか。今後は提携スポーツジムの拡大や事業会社との連携、海外市場への進出の可能性など、スケールしそうな要素が多い。今後の展開に期待したい。

おすすめの記事