> > > 国内のベンチャー資金調達まとめ《2016/3/21-3/27》
資金調達ニュース

資金調達ニュース

国内のベンチャー資金調達まとめ《2016/3/21-3/27》

株式会社ユビレジ(調達額非公開)

index-image-ex-69c40b017b6c63c8d6c9ad2b3913cc44d8b5fccdb5e0e415d5f725468c322ebd

出典:ubiregi.com

調達方法:第三者割当増資

引受先:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社、株式会社きちり

調達額:非公開

 

ユビレジは、iPadを使ったPOSレジを実現するアプリ「Ubiregi(ユビレジ)」やiPhone・iPod touchを使ったハンディシステム「FlickOrder(フリックオーダー)」を提供しています。さらに、アプリから入力された売上情報を管理するWebサービスの開発、提供も行っています。

中小規模店舗は、低価格で簡単に使えるこれらのサービスを導入することで、現場におけるIT化の遅れに対応できます。それによって業務生産性を高め、経営の見える化を実現することができるのです。

今回調達した資金は、事業強化に充てられる見込みです。

プレスリリース

株式会社FOVE(1,100万ドル)

スクリーンショット 2016-03-29 10.48.04

出典:www.getfove.com

調達方法:第三者割当増資

引受先:株式会社コロプラ、Samsung、Hon Hai

調達額:1,100万ドル

 

アイトラッキング(視線追跡カメラ)を内蔵したヘッドマウントディスプレイ 「FOVE」の開発を行っているFOVE。世界ではじめてVR空間内で眼の動きによる操作を可能にしています。

また、ユーザーが注視していない視野については低解像度で処理することによって、コンピューターにかかる負荷を大幅に軽減した「フォービエイテッドレンダリング」という技術を所有している点も大きな強みです。

これまでの酔いを最小限に抑えることで快適なVR体験ができ、アイコンタクトによるVRプレイヤーとの自然なコミュニケーションを行うことができます。

今回調達した資金は、2016年秋の製品発売に向けた量産や中長期的な研究開発体制の強化、コンテンツ拡充のための業務サポートなどに充てられる見込みです。

 

プレスリリース

株式会社ワンダーリーグ(9,000万円)

スクリーンショット 2016-03-29 10.58.29

出典:wonderleague.co.jp

調達方法:第三者割当増資

引受先:日本アジア投資株式会社、株式会社D2C R、株式会社ベルロックメディア

調達額:9,000万円

 

「遊びを競技として楽しむ、新しいスマホゲーム文化の創造と世界発信」というミッションを掲げるワンダーリーグ。

同社は、e-Sports形式のモバイルゲームであるゲーム競技リーグ「ワンダーリーグ」を運営しています。

この「ワンダーリーグ」は、日本発・世界初である賞金付きという点が大きな特徴です。

世界的に市場拡大が続くeスポーツの流れに乗り、さらなる飛躍を目指すため、ゲーム実況分野、広告ビジネス分野、海外進出分野のそれぞれで活躍する企業と連携して市場拡大を目指します。

 

プレスリリース

株式会社クリンタル(調達額非公開)

スクリーンショット 2016-03-29 11.00.01

出典:clintal.com

調達方法:第三者割当増資

引受先:伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Draper Nexus Venture Partner Ⅱ

調達額:非公開

 

クリンタルは、疾患ごとに名医を探せる医師検索サイトを運営しています。さらに、患者さんにあった最適な受診先を提案するサービスの提供も行っています。

検索サイト『クリンタル』には、首都圏を中心に130疾病、1,200人の名医が掲載されており、確定診断のついている患者さん向けに、名医の詳細な情報を提供しています。

自宅からの近さや地域での評判などの限定された情報だけではなく、医師ごとの手術数や手術までの待機期間などの十分な情報を元に受診先を検討することができる点が特徴となっています。

今回調達した資金は、名医検索サービスの全国展開や、2016年の夏にリリース予定のクリニック提案システムの開発、法人や団体への導入推進に充てられる見込みです。

 

プレスリリース

株式会社とことん(1,000万円)

 

スクリーンショット 2016-03-29 11.13.31

出典:tocoton.co.jp

調達方法:第三者割当増資

引受先:一般社団法人MAKOTO

調達額:1,000万円

 

インターネット上でクラウド型の全自動画像処理サービス「Autoism (オートイズム)」の開発、提供を行っている、とことん。

全自動画像処理サービスでは、商品の写真から背景を切り取って商品のみの写真に加工する「切り抜き」や、画像内の不要な部分を消す「画像修復」を全自動で処理してくれます。

近年急速に伸びているEC市場に目をつけ、個人でも利用しやすい低価格・高品質なサービスを展開しています。

 

今回の引受先である一般社団法人MAKOTOが運営している「福活ファンド」は、倒産等の経験を持つ起業家の再チャレンジ支援に特化したファンド。

とことんの荒井代表は、2001年に意匠デザイン用アプリケーションを製造・販売するソフトウェア企業を設立、倒産しています。2度目のチャレンジを行う中での今回の投資を受け、福島県に本社を移転して国内外に向けて本格的な事業展開を目指していきます。

 

プレスリリース

医化学創薬株式会社(1億円)

slide01

出典:soyaku.co.jp

調達方法:第三者割当増資

引受先:株式会社免疫生物研究所(IBL)、株式会社トランスジェニック(TG)

調達額:1億円

 

コア技術である糖鎖自動合成と解析技術を駆使して、創薬探索に対するソリューションを提供している医化学創薬。

同社は、従来から TG との資本業務提携を行い、独自の新規抗体医薬品開発システムによって創出された抗体医薬候補の評価を依頼しており、導出のための付加価値を高めています。

医化学創薬、IBL、TG の 3 社が協力することによって新しい抗体医薬の創薬プラットフォームを構築することを目指します。

今回の資金調達によって、3社の協力関係を促進していく見込みです。

 

プレスリリース

株式会社アントレプレナーファクトリー

Rina Takada

神戸大学経営学部卒業。SEOを中心に、メディアの改善に挑む。現在は東京に移り、LINE LIVEにおいて新たな挑戦を行う。

このオーサーに問い合わせする