> > > 医療用アプリを開発するキュア・アップが約1億円の資金調達〜医師がアプリを処方する世の中に〜
資金調達ニュース

資金調達ニュース

医療用アプリを開発するキュア・アップが約1億円の資金調達〜医師がアプリを処方する世の中に〜

2015年10月6日、疾患治療用プログラム医療機器ベンチャーの株式会社キュア・アップは、Beyond Next Ventures株式会社が運用するファンドから約1億円の資金調達を実施したことと発表した。調達した資金は、ニコチン依存症治療用アプリケーションなどの疾患治療アプリケーション開発および慶應義塾大学病院における臨床試験に充てられ、日本初となる「治療アプリ」事業の実現を目指していく見込み。

ライターの視点

c14ae286-4f9f-4873-a205-996cd77b8140

出典:https://www.wantedly.com/companies/cureapp

キュア・アップは、医師とエンジニアによって2014年7月に設立されたプログラム医療機器ベンチャーで、「治療アプリ」という診療現場における新しい疾患治療ツールを開発・運用している。

「治療アプリ」とは、既存の医薬品や医療機器とは異なり、患者の身近にあるスマートフォンを利用した治療アプローチをすることで、これまで治療しきれなかった多くの疾患を治すことができる可能性を持った革新的な治療ツールである。

「治療アプリ」は、医薬品や医療機器と比べて極めて高い費用対効果を持ちながら疾患を治癒させるだけでなく、さらに世界中どこであっても均一に質の高い医療サービスを提供することができる革新的な診療ツールであり、高騰する医療費や医療格差問題などの我が国が抱える医療課題に対するソリューションになると考えられている。

スクリーンショット 2015-10-07 10.57.54

出典:http://cureapp.co.jp/item/

また現在、「ニコチン依存症」という精神疾患に対するモバイル治療を行う医療用アプリケーションを、慶應義塾大学呼吸器内科学教室と共同開発しているそうだ。

アプリでは、患者はその日の体調を登録すると、アプリに組み込まれたアルゴリズムが医師の代わりに入力した情報と患者の禁煙ステージをもとに、適切な医療情報やガイダンスを提供するという。患者の担当医師は、患者がアプリに登録したログを確認することで体調の変化を知り、治療計画の策定に役立てることができるという。

近い将来、患者が禁煙外来を受診すると、処方の一環としてアプリが提供できるようになることを目指している。

p01

出典:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140905/374506/?ST=ndh

資金調達の決め手は、代表の医師としてのキャリアと、すでに効果が立証されている医療×ITへの日本初の試みであることが考えられる。

代表の佐竹晃太氏は、呼吸器内科医として日本赤十字社医療センターなどに勤めた経験のある医師でもある。また上海の中欧国際工商学院でMBAを取得し、さらには米国のジョンズ・ホプキンス大学で医療インフォマティクスを修めている。このように、佐竹氏の医師としてのキャリアとMBAで培った経営知は、信頼に価するものだと言える。

また、アメリカでは医療にITを活用する動きが進んでおり、そのサービスの効果はすでに実証されているそうだ。日本にもこれまでいくつものヘルスケアアプリが登場してきたが、その多くは病気の予防に特化したものであった。しかし、キュア・アップは治療に特化したものを提供していくため、大きな期待を集めているのだと考えられる。

 

最近ではヘルスケアアプリや食生活や運動をトラックできるアプリが普及し始め、ヘルスケアの分野に注目が集まっている。

今回キュア・アップが着目したニコチン依存症を含め、うつ病などの精神疾患、あるいは糖尿病といった慢性疾患の治療には、長期に渡る体調管理が必要だ。

キュア・アップが提供する医療アプリがそのような病気の治療に大いに貢献する日を、待ち望んでならない。

会社概要

株式会社キュア・アップは、医師とエンジニアによるベンチャー企業。医薬品や医療機器とは異なる治療アプローチとして「治療アプリ」を提唱し、開発を進めている。

設立は2014年7月、 本社は東京都中央区にあり、代表取締役は佐竹晃太氏である。

 

キュア・アップについての詳細はこちら

プレスリリースはこちら

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

株式会社アントレプレナーファクトリー

Rina Takada

神戸大学経営学部卒業。SEOを中心に、メディアの改善に挑む。現在は東京に移り、LINE LIVEにおいて新たな挑戦を行う。

このオーサーに問い合わせする