> > > 家事代行サービスのCaSy、BEENOSを引受先とする第三者割当増資を実施
資金調達ニュース

資金調達ニュース

家事代行サービスのCaSy、BEENOSを引受先とする第三者割当増資を実施

6月16日、クラウド家事代行サービス「CaSy」を運営する株式会社CaSy(カジー)はBEENOS(現株式会社ネットプライスドットコム)を引受先とする第三者割当増資を実施した。調達額は不明。調達した資金はプロダクト開発やカスタマーサポート、マーケティング活動に充てられる予定。

CaSyはクラウドソーシングによって集めたスタッフを派遣して家事代行を行う。従来の家事代行のほぼ半分の価格であり、厳選されたスタッフが派遣されるので利用者の満足度も高いそうだ。設立は2014年1月。本社は東京都千代田区にあり、代表取締役は池田裕樹氏である。

家事代行業界に破壊的イノベーションを起こそうとしているCaSy。ユニークなのは創業メンバーが社会人大学院で出会い、そこで生まれたビジネスプランで起業している点である(テッククランチの記事より)。

起業に関心があり、そこで学ぶ人たちが実際に起業するという環境を作ること。まさに起業tvも今後、そのようなプラットフォームになりたいと思う。仲間を見つけることが起業の第一歩ではないだろうか。参考にしていただきたい。

●株式会社CaSy/プレス・リリース