> > > 飲食店向け予約管理アプリのトレタ、WiLを引受先とする第三者割当を実施
資金調達ニュース

資金調達ニュース

飲食店向け予約管理アプリのトレタ、WiLを引受先とする第三者割当を実施

6月27日、飲食店向け予約管理アプリのトレタは株式会社WiLを引受先とする第三者割当を実施した。調達額は2億円。調達した資金は採用に充てられ、開発力・営業力を高める見込み。

トレタはあらゆる飲食店の予約を簡単・便利に管理できるサービスである。予約受付時に顧客情報を自動で蓄積する「顧客台帳機能」、24時間365日予約受付を可能にする「ウェブ予約機能」などが掲載されていて、iPadアプリを活用した経営の効率化に関心のある飲食店で導入されている。設立は2013年8月、本社は東京都目黒区にあり、代表取締役は中村仁氏である。

最近、飲食業界の特化したサービスが注目を浴びているようだ。トレタやポケットコンシェルジュのような予約サービスだけではなく、クックビズのような飲食業界に特化した求人・転職サイトもあり、どれもメディアへの露出が多い。これらのサービスを見ていると、ターゲットを絞り、サービスをシンプルにすることが重要なのだと思う。ぜひ参考にしてほしい。

●株式会社トレタ/プレス・リリース