> > > 日本発スタートアップのYOYO(シンガポール)、VC3社を引受先とする第三者割当増資を実施
資金調達ニュース

資金調達ニュース

日本発スタートアップのYOYO(シンガポール)、VC3社を引受先とする第三者割当増資を実施

5月21日、日本発ITベンチャーのYOYO Holdings Pte. Ltd.(以下、YOYO)は、VC3社を引受先とする第三者割当増資を実施した。引受先はグリーベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:天野雄介)と株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田島聡一)、インキュベイトファンド(本社:東京都港区、代表パートナー:本間真彦)の計3社。調達額は1.3億円。

YOYOはモバイル向けリワードプラットフォーム「Candy」の運営を行う。プリペイド式携帯電話の通信料金を「報酬」とすることで、ユーザーはアンケートに回答したり、指定のアプリをダウンロードすればポイントが貯まっていく仕組み。設立は2012年、本社はシンガポールにあり、CEOは深田洋輔氏である。

「モバイルインターネットを新興国の人々に」という理念でサービスを提供しているYOYO。プリペイド式携帯電話が流通している東南アジアで事業を展開することは、市場性も高いだけではなく社会性も高い。何より、日本人が国外でグローバルな事業を展開していることは非常に喜ばしいことである。YOYOの今後の成長を期待している。

●YOYO Holdings Pte. Ltd./プレス・リリース