> > > アマゾン、電子書籍ストアのcomiXologyを買収
資金調達ニュース

資金調達ニュース

アマゾン、電子書籍ストアのcomiXologyを買収

4月10日、オンライン通販大手のアマゾン(本社:アメリカ、CEO:ジェフ・ベソフ)は、電子書籍を販売するcomiXologyを買収することを発表した。買収金額は明らかにしていない。

comiXologyは電子書籍の検索・購入・閲覧が可能なクラウド型プラットフォームを運営している。設立は2007年、本社はアメリカのニューヨークにあり、CEOはデビット・スタインバーガー氏。アメリカの2大出版社(DCコミックとマーベルコミックス)やその他大手出版社だけではなく、個人制作のコミックやグラフィック・ノベルも取り扱っている。自費出版サービスも提供していて、サイトを見ると、無料のコミックが充実していることがわかる。

アマゾンはキンドルを傘下に持ち、「Kindle Direct Publishing(KDP)」という無料出版サービスを提供している。出版コストがかからず、多言語対応なので世界各国に向けて販売することが可能。出版手続きも短く、出版者は70%のロイヤルティを得ることができる。

マイクロコンテンツ」や「ボーンデジタル」という言葉が飛び交った2013年。昨年の電子書籍市場を牽引してきたのはキンドルストアであり、今年は電子書籍の配信サイト間の競争がますます激しくなると思われる。今回のcomiXologyの買収でアマゾンは今後どのような戦略を考えているのか、今後の動向に注目したい。

●Amazon.com, Inc. / プレス・リリース
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1917741&highlight=