> > > 学生結婚から数社経て起業、そしてIPO。VOYAGE GROUP・宇佐美代表が語る『上場までの軌跡』VOYAGE GROUP①
IPOまでの道のり

IPOまでの道のり

学生結婚から数社経て起業、そしてIPO。VOYAGE GROUP・宇佐美代表が語る『上場までの軌跡』VOYAGE GROUP①

今回のインタビューでは、株式会社VOYAGE GROUPの代表取締役CEOである宇佐美進典さんに「学生時代」「影響を受けた人物」「『起業家』とは」について伺いました。

(インタビュアー:菅野雄太、撮影者:高田梨菜)

経歴

1972年愛知県生まれ。早稲田大学商学部出身。大学卒業後デロイト トーマツコンサルティング合同会社に入社し、大手金融機関の業務改善プロジェクトやシステム化プロジェクトにコンサルタントとして携わる。

1999年、アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)を創業。以来、メディア事業やアドテクノロジー事業など、インターネット領域において幅広く事業を展開。

2005年から2010年まではサイバーエージェントの取締役も務める。また、中国や韓国、インドネシア、アメリカなど、グローバル事業も積極的に展開している。

2012年5月にサイバーエージェントからMBOでの独立を発表し、2014年7月2日、東京証券取引所マザーズ市場へ上場。

事業内容について

当社は事業開発会社として、インターネット領域の中で新しい事業を創っています。大きく2つの事業を展開していて、1つは「アドテクノロジー事業」、もう1つは「メディア事業」です。

当社はもともと、メディア事業からスタートしました。自分たちでメディアを運営する中で、「どうすれば収益を伸ばせるか」というノウハウを蓄積し、「それをシステム化し、他のメディアにも提供しよう」という形で始まったのがアドテクノロジー事業です。

当社は新卒採用に力を入れていて、インターンシップも行ってきました。その活動を通して、多くの学生さんと会って蓄積したノウハウを生かし、新卒採用を支援する事業を行っています。また、『VOYAGE VENTURES』という社名でスタートアップに対してベンチャーキャピタル事業も展開しています。出資先に対してシナジー効果を考えているというより、その会社を応援したい気持ちや、今後の成長性を見て投資を決定しています。

”職人家系”で生まれ育った

私の父は自営業でエンジニアでした。父の実家は階段を作る仕事をしていましたので、ある意味”職人家系”だったと思います。一方で、母の家系は商売を行っていました。

私は愛知県のかなり田舎の方で生まれたので、まさに田んぼで転げ回るような遊び方をしながら育ちました(笑)

大学1年で学生結婚

大学は商学部に入学しました。大学1年生の頃に学生結婚をしてすぐに子供も生まれたので、在学中は勉強を少々、アルバイトと子育てがメインの生活でした。

学生時代の経験が活きていること

アルバイトにしても、勉強にしても、子育てにしても、かなり時間に追われることが多く、何かひとつに集中して取り組んだと言えるものはありませんでした。

大学時代に「何かひとつに集中して取り組みたい」とずっと思い続けていたことが、結果として、社会人生活や起業時に、その想いを発揮する場としてつながったと思います。

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

1 2

お問合せ

タイアップ・広告・取材依頼について

NEWS
INTERVIEW
COLLEGE
新着記事
月間閲覧数ランキング
  • すべてのビジネスパーソンに、アントレプレナーシップを。株式会社アントレプレナーファクトリー
  • enfactv