> > > トレジャートレーディング・水永将太代表が語る、起業家に欠かせない2つの要素【後編】
起業の決断

起業の決断

トレジャートレーディング・水永将太代表が語る、起業家に欠かせない2つの要素【後編】

今回のインタビューでは、株式会社トレジャートレーディング代表取締役社長・水永将太さんに「起業しようと思ったきっかけ」「起業家の絶対条件」「視聴者へのメッセージ」などについてお話を伺いました。

【経歴】
水永将太(みずなが しょうた)
株式会社トレジャートレーディング代表取締役社長

1985年12月23日、大阪府守口市出身。大学までは野球一筋の野球一筋の野球少年だったが、就職活動中に出会った社長に感化され、在学中に、東京で人材ビジネスでの起業を決意。22歳で個人事業主として独立を果たすも結果半年で大阪に出戻り、その後、通信系の営業会社に入社し、入社わずか1年で起業、現在のトレジャー・トレーディングを設立する。設立後は、1年目から積極的な新卒採用を行い、元来の通信系事業に加え、美容室をターゲットとしたLED照明の販売と店舗コンサルティング、人材コンサルティング事業も行うなど、幅広い分野で業績拡大している。

企業理念にもある「社会に感動を与えられる人財の育成・輩出」に力を入れており、野球を通じて人間力のある人材を育成したい、との想いから大阪に本拠地を置く独立リーグ球団・06BULLSの球団代表も兼任する。

トレジャートレーディング・水永将太代表:LED・ OA機器販売で急成長、秘訣は早い段階からの新卒採用【前編】はこちら

ダメな学生時代

大学時代は日々だらだらと過ごしていた学生の典型でした。

大学も留年してしまい、5年半大学に行きました。特にこれといってやりたいことや、この仕事に就きたいという希望もない、どこにでもいるダメな学生の典型でした。アルバイトも続いたことがなく、授業も出ていませんでした。部活は野球やっていましたが、中途半端でした。何かひとつ取り組んだものは、大学時代はありませんでした。

ある社長のスピーチがきっかけ

5年生になってから「自分を奮起させないといけない」と思いました。

何か目標が見つかれば、それに対して一直線に頑張っていけるのではと思い、目標を探すような気持ちで就職活動を迎えました。そこで大きなきっかけに出会いました。あるベンチャー企業の説明会に参加したときに、社長のスピーチを聞いたのです。その社長も学生時代は勉強していたほうではなかったけれど、今は上場して会社をしているというサクセスストーリーでした。

それを聞いたときに「この人でもいけるのなら、自分でもいけるのではないか」という気持ちになりました。それまでは、起業は選ばれた天才的な人たちが行うことだと思っていましたが、もしかしたら普通の人間でも圧倒的な目標達成意識と、努力を積み重ねてスキルアップしていくことで、誰でもできるのではないかと感じ、自分もやってみたいと思うようになりました。

あと、就職活動中5社しか受けなかったのですが、5社中5社、すべてから内定をもらうことができました。大学時代、人に褒められた記憶がなかったので、5社中5社承認されたことは、社会人として認められた一番最初の経験であり、自分の中ですごく自信につながりました。「俺、もしかしたらできるんじゃないのかな」と思ったひとつのきっかけでもありました。

初めての起業

学生ベンチャーだったので、大学生向けのサービスで起業したいと考えました。そこで、学生向けのセミナーを行い、企業とのマッチングのような、人材事業のようなビジネスを一番最初は行いました。

初めての起業で得たもの

売る商品もない、一緒に頑張ってくれる人もいない、お金もないという状況でした。

今考えると、多くの人に迷惑かけていましたし、起業するほどの力は、誰が客観的に見ても無かったと思います。ただ、一歩踏み出せたことが、僕の中ではすごく大きかったです。

そこから先の就職先では、実際に一回起業を経験したことで、何が自分に足りないかが明確に分かりました。「何を成長させていきたいか」という目的がしっかりした状態で働いていました。これが、普通の人よりも成長スピードが早かった要因の一つだと思います。

起業家の絶対条件

ヒト、モノ、カネの全てです。

起業家になる上で、最低限絶対的な条件が2つあると思っています。
1番目は、何があってもやりきるという、目標達成に対しての決める力と、決め切って動けるかどうか。
これに対して、土曜も日曜もない、夜も寝なくていいぐらいの覚悟があるかないか。これが一番目です。

2番目に、ちゃんとした飯の食い扶持があるかどうか。ここはすごく重要だと思っています。
売る商品や、売れる自分があるかどうかです。例えばすでに顧客を持っていたり、太いユーザーを持っているのであれば、起業してもうまくいくと思います。

しかし、ただのビジネスプランだけで起業したり、憧れだけで起業したものの、覚悟もない、売れる力もない、食い扶持のあてもない場合、どんなビジネスプランがあったとしてもうまくいかないと思います。

ビジネスプランを中心に起業を考えられる方が非常に多いと思いますが、自分がどういう人間かの方がより大事だと思っています。稼げる人間なのか、稼げない人間なのか。ここの差がすごく大切です。稼げる人間、儲けられる人間というのは、どの事業をやったとしてもうまくいくと思います。

今、我々はLEDやOA機器である程度の規模まで成長したので、今後ITと人材という、今まで自分がやりたかった仕事にどんどん着手しています。今はすごく楽しい段階です。

これができるようになったのは、どんな事業でも立ち上げられる立ち上げ力、事業をうまく運営していく力、経営者として必要な能力を今までの過程の中で積み重ねてきたからできることです。

いきなり憧れだけで起業してできるかというと、そうではないと思います。足腰をしっかり鍛える部分、ここがとても重要です。

視聴者へのメッセージ

起業して成功する上で大切になってくるのは、やり切れる自分かどうかです。ビジネスプランやアイデアといった、何をするかの部分も大切ですが、どんな自分になっていくか、これがとても大切です。

起業家としての能力に自信がないという方でも、起業していいと思います。私自身、やっていって、傷ついて、泥だらけになっていく中で、成長していけるものもあったと思います。

足腰を鍛え、しっかりと着実な一歩を踏み出す覚悟があれば、どんどんトライしてください。世の中にどんどん起業家が溢れたら、良いライバルとして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

(インタビュアー:菅野雄太、撮影者:高田梨菜)