> > > トレタ・増井雄一郎CTO:飲食店の予約台帳アプリ「TORETA」、継続率99%の背景にある顧客志向【前編】
ベンチャーで活躍するCXO

ベンチャーで活躍するCXO

トレタ・増井雄一郎CTO:飲食店の予約台帳アプリ「TORETA」、継続率99%の背景にある顧客志向【前編】

大切にしているのは「直接店舗に出向くこと」

一番大きいものだと 500 店ぐらいの居酒屋さんのチェーン店であったり、客単価がそんなに高くないようなお店から、去年食べログで1位だった料亭まで、幅広く使っていただいています。

そういった意味では、非常に幅広い業態で、少なくとも電話で受け付ける業態ではほぼ全てでご利用いただいています。

 

僕らのアプリケーションは iPad なんですが、通常のアプリケーションと違って、実際に営業が行って説明をしてインストールして販売するケースが多いので、営業が直接コンタクトを取ることができます。

なので、営業を経由して、お客さんが実際に使っている現場を見てみてどうかということがわかります。

場合によっては、特に大きい店舗に初めて導入するようなケースだったりする場合には、エンジニアが一緒に行って、お客さんがどうやって予約をしているのかを見ます。

 

僕らが重視しているものの1つに、電話予約の場合には、実際に予約を受ける流れのままで入力できるようにするということがあります。

そういった時に実際にお店は何を聞いているのか、どういう順番で聞いているのか、周りの環境は騒がしいのか静かなのかといったようなことを、直接エンジニアが行って確認するということもよくあります

CTO としての2つの役割

会社の中で2つ役割があって、1つは特に外部との連携の部分です。

例えば最近ヤフーと連携をして、ヤフー予約で入ったものが自動的にそのお店の台帳に反映されたり、ヤフー側で今日は予約がいっぱいだから消してしまおうという相互のデータのやり取りをする機能があるんですが、そういった部分の設計や打ち合わせ、企画については僕の方でやっています。

もう1つの役割は採用です。

今のところエンジニアが全部で 10 名近くいるんですが、どうやってチームを作るか、どういった人を採用するかといった部分について関わっている部分は大きいですね。

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

1 2 3

お問合せ

タイアップ・広告・取材依頼について

NEWS
INTERVIEW
COLLEGE
新着記事
月間閲覧数ランキング
  • すべてのビジネスパーソンに、アントレプレナーシップを。株式会社アントレプレナーファクトリー
  • enfactv