> > > スターフェスティバル・加藤彰宏CTOが語る、デリバリー型社員食堂「シャショクル」が生まれた背景【前編】
ベンチャーで活躍するCXO

ベンチャーで活躍するCXO

スターフェスティバル・加藤彰宏CTOが語る、デリバリー型社員食堂「シャショクル」が生まれた背景【前編】

UI/UXでは「直感的でわかりやすい」を意識

スターフェスティバルで作っていくものに関しては、「とにかく直感的でわかりやすい」というのをコンセプトにしています。

まだできてないサービスもありますが、それ軸にこれからどんどんリニューアルをしていって、お客様に使いやすいサービスを提供することを目指しています。

CTOとして意識していること

CTOとしては、「開発と事業との橋渡し」をかなり重要視しています。

特に、開発側から発信するという点で、社内にわかりやすい言葉で我々のやっていることを伝えていくということと、事業からくる要件をきちんと理解した上でかみ砕いてエンジニアに指示することを意識しています。

パートナーとともに海外にもごちそうを

日本国内ではまだまだ商品の品ぞろえが甘いところもありますので、今後はその拡充と、のちのちは海外にもごちそうを届けていきたいと考えております。

パートナーと一緒にサービスを展開していますので、様々なパートナーと、いろんな協業をしていきたいです。

具体的なことは今話せませんが、ぜひ周りに協業したい方がいらっしゃいましたら、ぜひ我々にお声がけしていただきいと思っています。

提携の取り組みについて

昨年の4月にアスクルとの提携を始めています。

アスクルが持っている全国の文房具の販売顧客と、我々が提供している主に企業向けのお弁当の販売サービスにはかなりのシナジーがあるということで、今一緒にサイトを作ったりといったところで協業しています。

スターフェスティバルに興味がある方へ

おいしいお弁当を毎日たくさん提供しております。

お昼においしいお弁当が食べたい方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社の「ごちクル」と「シャショクル」を利用していただきたいです。

 

スターフェスティバル・加藤彰宏CTOが実践した「開発優先順位の見える化」とは?【後編】はこちら

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

1 2