> > > 『どんな状況でも確実に成果を出すことが成長の鍵』:アイスタイル・菅原取締役兼CFO
ベンチャーで活躍するCXO

ベンチャーで活躍するCXO

『どんな状況でも確実に成果を出すことが成長の鍵』:アイスタイル・菅原取締役兼CFO

今回は株式会社アイスタイルの菅原CFOにお話しを伺いました。(以下、敬称略)

istyle.Still001

収益モデルとして一番大きいのは広告ビジネス

菅野:御社の事業内容について教えていただけますか?

 

150122_事業紹介2

菅原:当社のサービス群の中で一番知名度が高いのは、コスメ・美容の総合サイト「@cosme(アットコスメ)」です。

私は化粧品を使用してこういう風に感じた、こういう効果を感じた、ここが好きだったというような感想をレビュー投稿してもらうサイトです。

だいたい月間1,000万人くらいの女性に使っていただいています。

その他にもユーザーさん向けにいろいろなサービスを持っていまして、収益モデルとして一番大きいのは広告ビジネス、次にEコマースと店舗、美容に携わるサロンさんや美容のプロフェッショナルの方々をサポートするような事業を提供しております。

海外で生活することで自分のいろんな殻を破りたい

菅野:大学を卒業されてから海外の大学院へ進学されて、現地のコンサルティング会社に入社されたとのことですが、なぜそのような意識決定をされたのでしょうか?

istyle.Still004

菅原:あまり考えていなかったというか、まず海外に出たことがなかったので、海外で生活することで自分のいろんな殻を破りたいなということで大学院を出ました。

そのまま日本に帰ってきても良かったのですが、せっかく海外で学位をとったのでそのまま仕事を探してみようと、そのまま働きました。

それはそれで楽しかったのですが、日本に帰ってくる事情にビザや家族の問題があり、1年間働いて日本に帰ってきて日本のコンサルティング会社に第2新卒的に入りました。

菅野:現地のコンサルティング会社では、どのような苦労がありましたか?

菅原:新卒で働いたことがないのに、かなり重いリストラクチャリングの仕事をしまして学生という甘え無しに自分だけ外国籍というところで、子会社のM&Aとかをやったりしましたので、まず信頼を得るというところが最初は難しかったのかなと思います。

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

1 2 3