> > > 大学2年生から知っておきたい、賢く就活をスタートする2つのポイント
起業tvカレッジ

起業tvカレッジ

大学2年生から知っておきたい、賢く就活をスタートする2つのポイント

大学2年生で何をすべきか?渡辺 清乃(講師)へ株式会社アントレプレナーファクトリー 嶋内が伺いました。

人事担当者は学生が学んでいるかどうかをなぜ就活で見ているのか?(0:35~)

就活で企業は専門知識や資格を要求しているのではありません。

専門知識は働いてから身につけることができます。仕事には正解がありません。

正解がないものを考える時はプロセスが大事です。

調査し、仮説を立てて論文を作成するプロセスに似ています。

大学の勉強を通して身に付けた勉強の仕方を応用できると企業は見ているのではないでしょうか。

知りたい欲はもともとあるものか、学生時代の活動を通じて上がっているものか?(3:17~)

学生を見ていると、好奇心旺盛でない学生も活発に動いて知りたい欲が上がることもあります。

知ると面白い、学ぶ面白さを体験をすると知りたい欲が上がるのではないでしょうか。

好きなことに打ち込むことと就職とどう関係するのか?体育会系の学生が評価されるのはなぜか?(4:30~)

一所懸命何かをしている人は面白く、格好良く、魅力的です!

一所懸命打ち込むことで味わう感情(嬉しい、怒り、悲しみ)や、何かを掴む達成感が魅力につながるのではないでしょうか。

好きなことをすることで感情が豊かになり、頑張るレベルが上がります。

頑張る度合いが仕事を取り組むことにも効いてくるのではないでしょうか。

リファレントパーソンとの出会い

私の場合、今から振り返ると自分がこうしたいという思いでキャリアを作ってきたのではなく、出会った人によってキャリアができてきたと思います。

リファレントパーソン(自分の人生に影響をあたえる人)、誰にでもこういう人がいるのではないでしょうか。

人との出会いを偶然の出会いで終わらせるのではなく、関わり合いを大切にしてください。

自分の魅力を最大限出しながら出会いを探し、向こうから扉が開くことを楽しみにするのが良いのではないでしょうか。

1 2


キャリアカウンセラー

渡辺 清乃

株式会社リクルート、株式会社リクルートスタッフィングを経て、リクルート時代の先輩が立ち上げた編集プロダクションへ転職。2002年に編集者・ライターとして独立後、キャリアカウンセラー資格を取得。現在は大学生・大学院生のキャリアデザイン研修や講演に加え、内定者向け研修・新入社員研修・OJT研修・若手社員向け研修など企業向け研修も数多く担当。また、新卒採用コンサルティングのサポートや、キャリア・学びに関する雑誌・WEBの編集・ライティングも行っている。 一貫して人材系フィールドに従事。キャリアインタビューやカウンセリングを行った人数は、延べ3500人を超える。 <保持資格>GCDF-Japanキャリアカウンセラー/生涯学習開発財団 認定コーチ

このオーサーに問い合わせする

起業tvカレッジ目次

■キャリア・就活

■法務労務税務

■設備購入・支出

■資金・会計

■ビジネススキル

IPOカレッジ

IPOカレッジ
IPOカレッジ 一覧を見る