> > > 7.オフィス① 創業時のオフィスタイプ
起業tvカレッジ

起業tvカレッジ

7.オフィス① 創業時のオフィスタイプ

創業前後にまず考えるのが、オフィスではないでしょうか。

創業時にどのようなオフィス形態があり、どのような特徴があるのか、また、それぞれのメリットとデメリットを詳しく解説します。

○創業時のオフィスタイプ
レンタルオフィス

《メリット》

初期費用が抑えられる

《デメリット》

信用性が低くなる

 

賃貸オフィス

《メリット》

金融機関などの融資の面で有利に働く

人が増えても対応できる

《デメリット》

初期費用が高い

 

SOHO

自宅をオフィスとして使用

《メリット》

予算がかからない

時間の融通がつきやすい

《デメリット》

環境の区別がつけにくい

 

コワーキング

共有部分で別の起業家と同じ空間で仕事をする

《メリット》

初期費用が抑えられる

様々な起業家との出会いがある

《デメリット》

作業スペースがとりづらい

機密保持が難しい

まとめ

スクリーンショット 2015-06-11 11.18.46

オフィスナビ株式会社
本社営業部 チームリーダー

山尾 祐介

オフィスに特化した仲介会社にて営業を担当。創業段階よりサポートし、企業の発展段階に応じたオフィスを提案する。経営者目線に立った丁寧な営業スタイルと、大阪地区での長い経験を活かした物件提案は、多くの経営者から高い評価を得ている。

このオーサーに問い合わせする

起業tvカレッジ目次

■キャリア・就活

■法務労務税務

■設備購入・支出

■資金・会計

■ビジネススキル

IPOカレッジ

IPOカレッジ
IPOカレッジ 一覧を見る