> > > 15.起業家・経営者のための会計②一年で会社を黒字にする方法第2回
起業tvカレッジ

起業tvカレッジ

15.起業家・経営者のための会計②一年で会社を黒字にする方法第2回

会社を黒字にするためには、まず無駄を省き、利益率を意識することから始まります。ここでは、コストの削減方法から、無駄な業務・事業をシンプルにする方法を解説します。

黒字化させる方法

・売上向上
・粗利率向上(売上原価・製造原価の削減)
・コスト削減(販売費及び一般管理費の削減)

 

コスト削減の方法とは?

スクリーンショット 2015-06-15 18.46.57

 

無駄な業務をシンプルにする方法

・現金ゼロ化(キャッシュレス化

・社員の経費精算を月1回にする

ネットバンキングへ変更する

・紙の廃止(ペーパーレス化

 

無駄な事業を減らす方法

・事例1:事業の種類別セグメント

・事例2:所在地別セグメント

・事例3:販売先別セグメント

 

粗利率の管理

 

粗利率の管理方法

黒字社長塾 塾長/税理士法人みんなの会計事務所パートナー/中央大学専門職大学院国際会計研究科 兼任講師(IFRS担当)
公認会計士・税理士

武田 雄治

大手監査法人、東証上場企業の財務経理部門に勤務後、独立。「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、一貫して上場企業・上場準備企業の決算・開示支援を行い、決算早期化・IFRSの分野では第一人者と評される。ブログ「CFOのための最新情報」は月間アクセス数のべ15万人。運営する会計情報ポータルサイト「CFO LIBRARY」は上場企業約3600社のうち約2000社(5000人以上)が会員登録している。 2011年より中央大学専門職大学院国際会計研究科(MBA)にてIFRS実務の講義を担当。同年、中小企業を1年間で黒字化させることを目的とした財務会計コンサルティング「黒字社長塾」を開始。現在、起業したばかりの企業から、売上高数千億円の上場企業まで、幅広い企業に対して、経営と会計をつなぐお手伝いをしている。

このオーサーに問い合わせする

起業tvカレッジ目次

■キャリア・就活

■法務労務税務

■設備購入・支出

■資金・会計

■ビジネススキル

IPOカレッジ

IPOカレッジ
IPOカレッジ 一覧を見る